twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

デカ目のみなも~前夜~

塾でアルバイトをすることになった大学二年生の矢本なおや。彼がそこに足を踏み入れると、とても大きな目を持つ女性がいて――!?4コマ漫画「デカ目のみなも」の前夜物語。ここから二人の物語が始まった――!

この本を開く

№26 バイトをするなおや

学生ニートを満喫していたなおやが突然アルバイトを始めると言い出した!みなもはそのことに驚いて気絶するが、その出来事よりもさらに衝撃的な報告がみなもを待ち受けていて――二週連続で脅かすんじゃない!時折、...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№24 名古屋に行くみなも

なおやがいきなり名古屋に行きたいと言い出した!みなもは大変驚愕し、その理由を聞いてみると――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№24 昔話をするみなも

なおやがリビングをうろついていると、机の上に写真が置かれているのを発見する。その写真に映り込んでいるのはふくよかな姿の――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№23 スマホを見に行くみなも

なおやがリビングに入ると、みなもがものすごい形相でスマートフォンをブンブン振り回していた!そのわけを聞くとスマホが動かなくなったらしく、二人でスマホを見に行くことになるが――?時折、博多弁で繰り広げら...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№22 神社で遊ぶみなも

またも休日の暇を持て余していたみなもとなおや。仕方なくケーブルテレビで映画鑑賞をしようとしたところ――時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№21 柳川に行くみなも

みなもが仕事から帰ると、とて三奇妙な格好でなおやがうなぎに恨み言を呟いていた!みなもがそのわけを尚哉に聞くと――時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№20 ボーリングするみなも

夕食前のひと時。みなもは夕食づくり、なおやは読書を楽しんでいると、部屋にインターホンの音が響く。なおやが玄関の扉を開けると、そこには色黒い懐かしい青年の姿があった――時折、博多弁で繰り広げられる不思議...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№19 大学にいくなおや

みなもが仕事に行こうとすると、なおやも一緒に外出すると言い出した!外出が嫌いななおやが外出すると言い出して、驚き問い質すみなも。するとなおやは大学に行くと返した!そういえば、尚哉は大学生だった――!時...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№18 花火をするみなも

夏も終わりに近づいた頃。みなもは浴衣を着てなおやを花火大会に誘うが、なおやはこれまた行きたくないと一蹴。しかし、みなもは今回こそは食い下がるが、果たして――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であっ...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。