twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

1-2 神幽衆の議 

平安末期から続く霊能者の家系・佐伯家。その長男である佐伯優は、ある姿でないと霊術が使えなくて――女装しないと霊術が使えない男子高校生や、男の魂をもつ美少女など残念系霊能者たちの切なくて滑稽な物語!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№29 猫になったなおや

駅で気功おばさんに話しかけられたなおや。逃げようとするところをとらえられて猫に姿を変えられてしまった!なおや<どうしてこうなったこうしてなおや猫の長い一日が始まる――!時折、博多弁で繰り広げられる不思...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№27 洋服を買いに行くみなも

「みなもちゃん、僕の服装ってどんな感じ?」「高校生っぽい」こうして、2人は洋服を買いに行く旅に出たのであった――!時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№27 新年を迎えたみなも

年末年始。みなもは実家から尚哉の待つ家に帰ると、そこには狂気の笑みを浮かべたなおやがみなもを待っていて――!?まろやかな博多弁で繰り広げられる博多弁四コマラブコメ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

デカ目のみなも~前夜~

塾でアルバイトをすることになった大学二年生の矢本なおや。彼がそこに足を踏み入れると、とても大きな目を持つ女性がいて――!?4コマ漫画「デカ目のみなも」の前夜物語。ここから二人の物語が始まった――!

この本を開く

№26 バイトをするなおや

学生ニートを満喫していたなおやが突然アルバイトを始めると言い出した!みなもはそのことに驚いて気絶するが、その出来事よりもさらに衝撃的な報告がみなもを待ち受けていて――二週連続で脅かすんじゃない!時折、...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№24 名古屋に行くみなも

なおやがいきなり名古屋に行きたいと言い出した!みなもは大変驚愕し、その理由を聞いてみると――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№24 昔話をするみなも

なおやがリビングをうろついていると、机の上に写真が置かれているのを発見する。その写真に映り込んでいるのはふくよかな姿の――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№23 スマホを見に行くみなも

なおやがリビングに入ると、みなもがものすごい形相でスマートフォンをブンブン振り回していた!そのわけを聞くとスマホが動かなくなったらしく、二人でスマホを見に行くことになるが――?時折、博多弁で繰り広げら...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№22 神社で遊ぶみなも

またも休日の暇を持て余していたみなもとなおや。仕方なくケーブルテレビで映画鑑賞をしようとしたところ――時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。