twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

モンスーンの友達

父祖たちの現場。

この本を開く

八幡橋の狐

彼はズレてゐた。彼のはうではズレてゐるのは世間のはうだと思つてゐたのだから、それは一通りのズレではなかつた。あるひは、彼はそのズレによつて自分が孤独に死んでゆくことを、むしろ胸がすく思ひで待つてゐたの...

この本を開く

好きなひと教へて

「懐かしくて良いもの」が大好きな、あなたのための短い小説。装丁画=ゆん子http://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=nekonomi&area=1

この本を開く

仮死

〈仮死〉とはそもそも――ちやうど夢の筋書きがさうであるやうに――脱線することそのものだから、私たちはすでに脱線する運命にあるのだ。ついでだから〈仮死〉における脱線の特異性についてもここで触れておかう。...

この本を開く

芝生のうへで会ひたいな

横浜の旧家の、三人の高校生の、夏休みのお話。

この本を開く

雨の日にロケットで帰る

今夜「失業クラブ」で会ひませう。

この本を開く

フィルム・スクール

映画学校のラブリーな一日。

この本を開く

オハレテミタノハイツノヒカ

若い詩人は戦闘機乗りになつた――わが身を思はず、死を前提としたが故に、昔の男たちは深山のごとく皆を愛し、そして春風のごとく去つて行く。あなたの折れた翼にささげる青春グラフティ。
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。