◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

建築家の檻 11

丹下会長と小夜子のいる奥座敷に連れられた羽木務。しかし、その自伝のためのヒアリングの途中で、会長の微妙な過去のタブーに触れ、酒に睡眠薬をもられてしまう。ふと目覚めた彼は、鷲巣数光の設計した丹下建設本社...

この本を開く

建築家の檻 10

丹下会長と、旧731石井細菌部隊との関係を、なんとか引き出したい。そんなある日、ひさしぶりに会長のヒアリングに行く日になった。なぜか不機嫌な秘書の芳田嬢に案内され、羽木務は迷宮のような廊下を進んで行く...

この本を開く

建築家の檻 9

丹下会長の大陸での過去の闇が辛島によって語られ、そこにからんだ鷲巣数光とその父との確執が明かされる。彫刻家志望の青年であった父・鷲巣利光と、ルイーズと呼ばれた美貌の母、瑠璃子。なにゆえに有望な建築家は...

この本を開く

近代の超克試論

『近代の超克試論 ―不可視のジクーパズル―』は、『群系』という評論系同人雑誌に掲載されたものです。(2014秋発刊)戦争と言論1『批評・啓蒙・プロパガンダ ―黒岩涙香と萬朝報の時代―』(明治末・日露戦...

この本を開く

建築家の檻 8

ジャーナリストの辛島から連絡があり、秘密の情報源による「最高会議」の録音を、羽木と色川は確認することになる。そこから浮かび上がってくる丹下ファミリーの思惑とは……。かつて戦前戦中における満州の阿片人脈...

この本を開く

建築家の檻 7

お互いの忙しさで、範子との関係が不安定になる中、羽木務は、色川良雄から成城学園奥にある丹下邸の視察に誘われた。見るからに怪異なその私邸は、以前に満州の建築を特集したある雑誌の中の「ハルピンの悪魔城」と...

この本を開く

建築家の檻 6

怪しげな大陸浪人の面々や、阿片人脈、岸信介や、東条英機の話も飛び出し、丹下会長の満州時代の話も佳境に入る。会長は戦後の日本社会そのものが、透明な檻の中だともいう。そして羽木務は、この企業の内部を探るう...

この本を開く

建築家の檻 5

旧左翼の残党のようなジャーナリスト辛島四郎が、会長の「自分史」制作の前任者であった。辛島は、丹下建設の内情や闇の部分について饒舌に語り、「父親殺しの建築家」鷲巣数光の話をする。羽木はいつしか、その奇妙...

この本を開く

建築家の檻 4

虎、鷲、山猫などの剥製が陳列された会長室で、不機嫌そうな白髪鬼は、おもむろに過去を語り出した。いよいよ丹下喜作会長への奇妙なヒアリングが始まった。かつて戦前戦中における満州の阿片人脈にも通じる老いたゼ...

この本を開く

建築家の檻 3

ビルの廊下ではボルゾイ犬が走り、重役は「喜作四世」の醜い赤ん坊の御守り役。一方、社員達には、朝から社会奉仕として周辺地域の掃き掃除の義務。この会社は、丹下ファミリーを王族とする奇妙な閉鎖空間であった。...
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。