◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

猫神社

とある街中に突如として出現した、正体不明の「猫稲荷神社」。古びておどけて、いかがわしいこの神社、いったいどんな御利益を授けてくれるのか? それとも…。「ねこバナ。」で人気のへなちょこ「猫神社」シリーズ...

この本を開く

山猫衆

時は戦国。武田、上杉、北条が勢力争いを繰り広げる上州の片隅で、山賊共に育てられたひとりの男がいた。その出自は。そして彼と仲間の運命は。戦国活劇第一弾。初出:「ねこバナ。」第二百六十二〜四話 2011年...

この本を開く

猫のおはなし集(チャリティ絵本にも、読み聞かせにも)

すでにおはなしブログ「ねこバナ。」で公開している、子ども向けのおはなしをまとめました。私は絵が描けないので、チャリティー向けに絵本を作りたい、でもおはなしが浮かばない!とおっしゃる皆様、どしどしお使い...

この本を開く

さよならトシオ君(文庫本風)

既出の『さよならトシオ君』を古い文庫本風(縦書き・画像ファイル)にしてみました。お楽しみいただければ幸いです。--死に臨む子供達のために開発されたネコ型ロボット、バアル。最初の仕事で出会った少年「トシ...

この本を開く

ねこバナ。怪異譚

猫のおはなしブログ「ねこバナ。」から、怖いおはなしを厳選してお届け。猫が怖いのではありません。猫に怖さを投影する人間のこころが怖いのです。どうぞごゆっくりお楽しみください。

この本を開く

猫は恨まず咽び泣く

首斬り役人として名を馳せた山田浅右衛門の一番弟子、長内半兵衛。ある藩士の首を斬ることとなったが、仕置のあったその日に、藩士の妻子が訪ねてきた。彼女等は一匹の黒猫を彼に託す。猫が纏ったのは、藩士の呪いか...

この本を開く

さよならトシオ君

死に臨む子供達のために開発されたネコ型ロボット、バアル。最初の仕事で出会った少年「トシオ君」の死に、バアルは衝撃を受ける。心を持ったロボットは、その特性ゆえに怖ろしい運命へと巻き込まれてゆく。生とは、...

この本を開く

三毛猫ゲッタウエイ

裏社会の運び屋タマキは、ある仔猫を奪い、目的地まで運ぶミッションを受ける。大学の実験室から奪ったのは、小さな雄の三毛猫だ。しかし尋常ならぬ追跡に、タマキは疑問を感じる。仔猫トリニティに隠された謎とは。...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。