twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

縄梯子

俺のオンボロアパートの天井に、いきなり縄梯子が現れた。縄梯子が目の前にあれば登ってみたくなる。それが人情というものだ。登った先には、いったい何が待ち受けているのだろうか。2017.08.15 一箇所、...

この本を開く

ガンちゃんのお星さま

2011年クリスマス用作品。どこかの国の、 どこかの孤児院にいる、 優しいロボットのお話。

この本を開く

嗤う脳髄(Warau Nouzui)

K国の独裁者は、今日も気分次第で人々を裁いていた。ある容疑者が連れられてくると、独裁者は顔色を変えて、自ら直々に取り調べると言い出した。※2011.2.13 少し修正しました。

この本を開く

霊界モバイル

僕の大切な妹サユは、恐ろしい病気にかかってしまったんだ。来年まで生きられないかもしれない……。そんなサユの願いを叶えるために、僕は走った。《 サラリと読めるライトノベル感覚のSFショートショートです。...

この本を開く

転生の刻(Tensei no Toki)

七年前に突如現れた全く新しいタイプのウイルスにより、人類は絶滅の危機に瀕していた。人類の生き残りをかけた『人類転生計画』、それは人間の尊厳を喪失させるものだった。

この本を開く

2011年7の月(ショートショート集 vol.1)

SFに特化した、ブラック・ジョーク、皮肉、苦笑、失笑、郷愁、驚異、悲哀、etc...サクッと読める掌編の詰め合わせです。お気楽極楽の、全30話。ちょっとした時間に、心のオヤツをどうぞ召し上がれ。

この本を開く

青い祭り

小学五年の夏。いつもとは違い、僕は親友の亘とではなく、一人でお祭りに行くことにした。気ままに楽しみたい、ただ、それだけだったのだが……。

この本を開く

再恋

愛する人の命の灯火が消えかけているその時、私達は、こんな選択をしてしまうかもしれません。

この本を開く

欲張り権造

誰に何を言われても改心しない村一番の欲張り者、権造。ある日、山に山菜を採りに行ったところ、思いもかけない出来事が待っていた。日本昔話風な作品です。

この本を開く

禁断の星域

軍から巨人の遺跡捜索命令を受け、禁断の星ラフレシアに向かった二人の若者、クインシーとライオネル。赤茶けた荒野の果ての断崖が、二人を呼び寄せる。
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。