twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

銀のかけら流れる川のほとり

少女は今日も川で銀のかけらを拾い集めます。向こう岸で手を振っていた少年が消えた日もその次の日も前の日と同じように……

この本を開く

銀河の恋人

星の降る川辺で、銀のかけらを拾い会えなくなった人の歌を聴いた。短編集「美しいかけらの物語」より「銀河の恋人」「星の食卓」収録

この本を開く

あなたはわたしの恋人でした

「わたしは、青くどこまでも透明さを増していく恋人に、何度も何度も同じ言葉を、気がつくとくり返していた。―あした、会いましょう―あした、会いましょう―……あした、目が覚めると、いつものようにまた永遠に来...

この本を開く

シーツの番号

わたしは喪失という感情を、自分に説明する言葉を持たなかった。だから番号をつけた。「あなたがいなくなって、わたしは、あなたがこの部屋に残したものすべてに番号をつけた……」短編集「美しいかけらの物語」より...

この本を開く

黄色いジャンパー

いつだって危うく転がる自分を、彼と彼の自転車に乗せたかった。「彼はすごくスピードの出る自転車に乗り、都心の高層ビルと高層ビルの間を、風のように」短編集「美しいかけらの物語」より。

この本を開く

流星の恋人

流星を待ちわびる湖岸に、夜が来る。過ぎゆく日々の中、夢は光り、流れ、あの星たちと出会うために別れがあることを知った。

この本を開く

惑星書店

あなたと過ごしたこの星で、わたしはあなたを失った。

この本を開く

エメラルドの魚

突然すがたを消したあの人。会いたくてたまらなくてわたしはある場所を訪ねた……

この本を開く

難破船

記憶の中に住む愛しい者たちを抱き続けることは優しさなのか哀しさなのか。わたしは青い道を歩き、青い灯りの中に、青く朽ちた船を見つけた。

この本を開く

きゅうりの彫刻家

きゅうりの彫刻家が、愛するひとの影ばかりきゅうりに刻み始めたのはいつからのことなのでしょう……
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。