twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

幻でなく

市役所で臨時職員として働く聡子は、多忙を極める年度末のさ中、あらぬ場所から男に声をかけられた。「あんた、不幸なのか」不景気な仏頂面、と聡子を評する彼の正体は、事務所の片隅に生まれては消える”埃”だった...

この本を開く

相合傘

祖母の遺品整理をしていた塚元了介は、押し入れの奥から古いノートが詰まった段ボール箱を見つける。ノートは祖母の日記だったが、そこには新聞から切り抜いた”お悔み欄”が何十年分も貼り付けられていた。さらに、...

この本を開く

巡り箸

夫婦でも恋人でもないけれど、川沿いの小さな粗末な借家で信哉は由実と暮らしている。ただ、由実を守りたい一心で。

この本を開く

いちこの帰る日

主要登場人物須田智美…50代女性 市役所のパート事務員 古道具集めが趣味いちこ…智美の娘 本名「佑香」生活訓練施設で暮らしている母…70代半ば シルバー人材センターに登録して働く康一…智美に求婚してい...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。