twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

ねえ、マスター 6

ラスティ・ネイルを1杯だけ飲んで帰る、若い常連客がいた。彼は、中国マフィアと日本のヤクザの両方から追われていた。一方、マスターのもとには昔の仲間から、キナ臭い仕事の誘いが入る。マスターが庇い続ける常連...

試し読みを開く

ねえ、マスター 5

「ヤツを血の海に沈めてやる」 恋人の復讐を誓った女がいた。彼女の名はマリー。地獄を垣間見た血まみれのマリー。形見のナックル・ダガーを懐にのみ、仇を追ってマスターの店へたどり着いた。 復讐の相手の背後に...

試し読みを開く

ねえ、マスター 4

 クリスマスソングが流れ、イルミネーションが輝き、夜の街が華やぐ季節になった。 路地裏の店にも酔客が流れ、マスターは久しぶりにバーテンの仕事で充実している。嬉しいのはそればかりではない。 ここ数日、カ...

試し読みを開く

ねえ、マスター 3

「婚約者が死んだ」深夜、店を訪れた不器用な刑事は呟いた。所轄は違えど、故人は郷田と同じ警察官。生前は千住で頻発するバイクを使った引ったくり事件を追っていた。 折から、同じ引ったくり事件の犯人を暴力団も...

試し読みを開く

ねえ、マスター 2

「友がいた。口を開けば故郷の愚痴がついて出る、そんな友だった」 夢を追い、故郷を捨てた若者が失踪した。上京した女友達はあてどなく酒場をめぐり、夢を託した仲間を探す……彼の好きだったカクテルだけを手掛か...

この本を開く

ねえ、マスター 1

 都会の片隅、路地裏の小さな酒場。カクテルを愛し、ハンフリー・ボガードをリスペクトするマスター。「酒を作る以外にも客にしてやれることがあるのなら、俺はできるだけのことをする」 それが彼の経営哲学だった...

試し読みを開く

川が知っている

 1学期も終わろうとしたある夏の日、小学6年生の祐希はクラスで孤立する。家の前に流れる川で、1メートル20センチのスズキを釣り上げた―――祖父が口癖のように語って聞かせた思い出話を、クラスメイトは信じ...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。