twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

『仏道の真実』

本書は、仏道の真実について如来である私(=SRKWブッダ)が直接記したものである。覚りの真相、覚りの機縁、解脱の因縁、覚り以前・以後のこと、その他仏道についての核心をここに記す。本書は、極めて難解であ...

試し読みを開く

『解脱(げだつ)』

 人は、覚って仏となることができる。あるいは、阿羅漢となり、また長老となる。それぞれの違いは、解脱の違いである。と言うのは、解脱には三つあるからである。それらは、慧解脱、身解脱、および心解脱と呼ばれる...

試し読みを開く

『信仰』

 人は、信仰によって安らぎの彼岸へと到達する。たとい理法を深く理解する聡明さがあっても、信仰がなければ激流(妄執)を超えて向こう岸に渡ることはできないであろう。逆に言えば、信仰篤き人は、たとえ理法につ...

試し読みを開く

『一円の公案』

 「一円の公案」は、著者(SRKWブッダ)が作成し提示したオリジナルの公案である。この公案を解いたならば、初期の心解脱を認める。 本書は、「一円の公案」に取り組むための心構えについて書いたものである。...

この本を開く

『修行』

 本書は、覚りに向けた修行について述べたものである。円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)を求める人は、是非読んでほしい。 ** 無料です **   「コメント」・「読者登録」・「手紙」歓迎します。

試し読みを開く

『功徳』

 覚るためには、功徳を積まなければならないと説かれる。しかしながら、どうすれば功徳を積むことができるのだろう。安らぎを目指す修行者は、そのように思い途方に暮れるであろう。本書は、その問いに答えるもので...

試し読みを開く

『観』

 観(=止観)は、覚りに近づく一つの重要な方法である。観を完成した人は、心解脱を果たす。心解脱とは名称(nama)作用からの解脱を意味する。これによって、人は人間関係にまつわって生じる苦悩から完全に解...

この本を開く

『仏道の心髄』

 本書は、拙著『覚りの境地』のいわば続編である。ただし、この本は前著の単なる続編ということではなく、覚りの境地に至る道、すなわち仏道の心髄についてその本当のところをすばり書き下したものである。本書の内...

試し読みを開く

『感興句』

価格改定しました。 → ¥840 (すでに購入いただいた方、ご了承くださいませ)  もろもろの如来、つまり生き身の仏は人々の問いに応えて理法を説く。いわゆる説法である。しかし、説法はどうしても説教じみ...

この本を開く

『覚りの境地(試し読み版)』

 拙著『覚りの境地』の試し読み版です。試し読み部分をダウンロード可能とするために作成しました。有料扱いのページについても最初の数行を掲載してあります。 この試し読み版は、2011.02.26版です。 ...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。