twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

月の光を纏う者 -3-

エアニスの余所見運転で壊してしまった車を修理する為、一行は観光都市オーランドへ滞在する事に。修理が終わるまで4人は束の間のバカンスを楽しんでいたが、チャイムは偶然、自分の師である男と再会する。しかしエ...

この本を開く

月の光を纏う者 -4-

2年半前。世界がまだ、戦火の渦に巻かれていた頃のお話。月の光を纏う者と呼ばれる男は、ある少女の護衛をを引き受けた。少女を狙う異形の敵との戦いを経て少女の優しさに触れた彼は、初めて人の為に剣を振るう事を...

この本を開く

月の光を纏う者 -5-

山奥で見つけた開拓村に一夜を過ごすため身を寄せるエアニス達。しかしそれは村に偽装された麻薬の精製工場だった。村で囚われていた少女を助け出したトキは、それを切欠にルゴワールの刺客の襲撃を受ける。戦いの中...

この本を開く

月の光を纏う者 -6-

レイチェルに導かれ、一行はようやく旅の目的地、バイアルスへ辿り着く。エルカカの協力者を名乗る魔導師に導かれ、人を拒む聖域の山へと立ち入るエアニス達。そこで彼らを待っていたのは、あの二人の魔族ではなく無...

この本を開く

月の光を纏う者 -1-

剣と魔導が力の象徴。しかし長く続いた戦争を機に、世界は魔導文明から機械文明へと移り変わろうとしていた。エアニスは街の外れに暮らす元旅人。彼は偶然、街で襲われていた二人の少女を助ける事になったが、少女を...

この本を開く

月の光を纏う者 -2-

トキの提案で4人は達は港町から船に乗り目的地へと向かい出航する。刺客に狙われることも無い、長くて退屈な船旅を満喫するエアニス達。しかし、平和で喉かなな船旅は長く続かなかった。敵はたった一つの"石"を奪...

この本を開く

秋空クロスロォド

北海道で暮らす、受験生カオリ。バイクに乗った変わり者の旅人と出会い、彼女は身近にあった非日常に気付く。夏の終わりから始まる、ふたりのちいさな旅。短編小説
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。