twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

審判 第七章 フランツ・カフカ

銀行を訪れた工場主がKに言った。「訴訟を抱えていらっしゃる、そうでしょう?」Kは、後退りすると、すぐに大きな声を出した。「支配人代理が言ったんだな!」「いいえ、違います。」工場主が言った。「支配人代理...

この本を開く

ベートーベン第九「合唱」 歓喜の歌 歌詞

ベートーベン作曲 第九交響曲「合唱」の歓喜の歌の歌詞の翻訳です。

この本を開く

審判 第六章 フランツ・カフカ

叔父に連れられて、知り合いの弁護士フルトを訪ねることにした。ドアを叩くと、のぞき窓に、二つの大きな黒い目が現われて、しばらく二人の訪問客を見た後、さっと消えた。しかし、ドアは開かなかった。叔父とKは、...

この本を開く

審判 第五章 フランツ・カフカ

ある晩、勤め先の銀行の、使われていないガラクタ置き場のドアを開けると、奇妙な服の男と、見張りのフランツとヴィレムがいた。「旦那! われわれは、今から笞刑を受けるんです。というのも、あなたが、予審判事に...

この本を開く

審判 第四章 フランツ・カフカ

朝早くから、Kは、鍵穴を通して、控えの間での奇妙な動きに気がついていた。そうして、その意味はやがて明らかとなった。フランス語の女教師、ちなみにドイツ人で、名前はモンターク、虚弱で、顔色の悪い、いざりの...

この本を開く

審判 第三章 フランツ・カフカ

Kは、外階段の登り口の横にある小さな張り紙に気がついた。そこまで行くと、子どもっぽい、つたない字で、「裁判所事務局昇降口」と、書かれていた。こんな賃貸住宅の屋根裏部屋にも、裁判所事務局があるのか――?...

この本を開く

審判 第二章 フランツ・カフカ

審理室があるというユリウス通りが始まる地点で、Kはしばらく立ちすくんでしまった。両側には、ほとんど全く同じ形をした建物がずらりと並んでいた。それは、背の高い、灰色の、低所得者たちが住んでいる賃貸住宅で...

この本を開く

審判 第一章 フランツ・カフカ

ある朝、Kは目を覚ますと、逮捕された。「駄目だ、」窓辺の男はそう言うと、本を小卓の上に投げ、立ち上がった。「行っちゃいけない、君は、逮捕されたんだぞ!」向かいの建物の窓からは、好奇心を剥き出しにした老...

試し読みを開く

ハインリヒ・フォン・クライスト逸話集

ハインリヒ・フォン・クライスト(一七七七~一八一一)が、『ベルリン市民夕刊新聞』で発表した逸話を年代順に並べたものです。

この本を開く

聖セシーリエあるいは音楽の力 ある伝説 ハインリヒ・フォン・クライスト

ハインリヒ・フォン・クライスト(一七七七~一八一一)による小説です。
« 前のページ 1 2 3 4 5
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。