twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

ブルー・アルタイルを一杯【2015-02-15】

私たちは、ついに旅の最終目的地であるアルタイル星に到着した。地域社会や著名な場所を訪れた後、太陽神殿で私を待っていたその人とは…。告げられた私の使命とは…。物語は最終章に、読者を乗せて無事到着しました...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

ブルー・アルタイルを一杯【2015-02-08】

急な登山道を登りつめてようやく頂上の水晶宮へとたどり着いた私たちだったが、精霊たちはなぜか私には姿を見せてくれなかった…。ここで深く隠されていた心の傷が暴かれることになるなど、まったく予想していなかっ...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2015-01-31】ブルー・アルタイルを一杯

アマゾナイトのビーチには、すでに先客がいた。その先客は、はじめは普通の人たちに見えたのだが、近づくにつれ、そうではないことに気づいた…。
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2015-01-24】ブルー・アルタイルを一杯

医療班の主管、デネビーらと夏の大三角形に祈った私は、その後、シグニーの案内で、医療班にあるビーチを訪れた…。約半年ぶりの更新です。
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2014-07-20】ブルー・アルタイルを一杯

コテージを後にした一行は、次の目的地、サナトリウムへと向かった。そこには、今回の宇宙旅行の全容を啓示する、ある仕組みが待っていた。2010年に書いたわずか数行の散文を序章とする連載版です。なお、配信日...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2014-07-13】ブルー・アルタイルを一杯

アルタイルの医療についての老夫婦の話は、地球に暮らす母の闘病体験を思い出させた。地球の医療とは、かくも破壊的なものだったのか。ある日、突然に始まった、アルタイル星人とのコンタクト。「ようこそ、もう一人...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2014-07-06】ブルー・アルタイルを一杯

宇宙船で朝食を摂るうちに、私の興味はアルタイル人たちの健康や医療へと向けられた。医療班への訪問が始まった。ある日、突然に始まった、アルタイル星人とのコンタクト。「ようこそ、もう一人のわたし!」そこには...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2014-06-21】ブルー・アルタイルを一杯

宇宙船のパブでブルーアルタイルを飲んだ私は、思いもしない覚醒体験によって何だか気が楽になった。翌朝、宇宙船での最初の朝食が始まった...。ある日、突然に始まった、アルタイル星人とのコンタクト。「ようこ...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2014-06-15】ブルー・アルタイルを一杯

ルアに連れられて船内を見て回ったわたしは、ラウンジである女性に紹介され、三人でバーへと向かった。衝撃の体験が、わたしを待っていた。ある日、突然に始まった、アルタイル星人とのコンタクト。「ようこそ、もう...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2014-06-07】ブルー・アルタイルを一杯

再会を約束したルアは、いつになっても現れなかった。私は宇宙人や地球外生命体に関する情報収集に没頭した。ある日、突然に始まった、アルタイル星人とのコンタクト。「ようこそ、もう一人のわたし!」そこには、わ...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。