◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

告白

ポーランドの作家、ステファン・グラビンスキの自伝的エッセイ。〈Polonia ポロニア〉紙1926年第141号(5月24日付け)12-13頁に掲載された。

試し読みを開く

永遠の乗客(ユーモレスク)

「永遠の乗客(ユーモレスク)Wieczny pasażer (humoreska)」は、約百年前のポーランドのある種の鉄オタを描いた皮肉な掌篇。アガピト・クルチカ氏は鉄道と旅行の情熱的な支持者。今日も...

試し読みを開く

放浪列車

「放浪列車 Błędny pociąg」は、ステファン・グラビンスキ Stefan Grabiński(1887-1936)の鉄道怪談集『Demon ruchu 動きの悪魔』(1919)に収録されたう...

試し読みを開く

音無しの空間

ステファン・グラビンスキ Stefan Grabiński(1887-1936)は「ポーランドのポー」、「ポーランドのラヴクラフト」と称されるポーランド文学史上ほとんど唯一の恐怖小説ジャンルの古典的作...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。