twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

阿佐ヶ谷住宅物語

いかなる住処にも、そこに暮らした人の「生きた証」が刻まれている。たとえ住処そのものが、この世から姿を消そうともーーー。終戦の年に生まれ、高度成長期やバブル景気を経て、平成に沸き起こった建て替え騒動へ。...

この本を開く

給水塔と赤い屋根 〜阿佐ヶ谷住宅のおはなし〜

阿佐ヶ谷住宅と、そこにまつわる人々とそのくらし。住人の方に提供していただいた、貴重な写真。動物と植物たちの記録。阿佐ヶ谷住宅完成当初から住んでいた方のインタビュー。2013年5月に再開発がはじまった、...

この本を開く

オトノハ 創刊準備号

『オトノハ』は、南阿佐ヶ谷の中華料理店・オトノハの今を記録していく電書雑誌です。毎号いろんな角度から、いろんな人の手で作っていくうちに、外側からはわからないオトノハが少しずつ見えてきそうです。創刊準備...

この本を開く

オトノハ 創刊号

『オトノハ』は、南阿佐ヶ谷の中華料理店・オトノハの今を記録していく電書雑誌です。毎号いろんな角度から、いろんな人の手で作っていくうちに、外側からはわからないオトノハが少しずつ見えてきそうです。2011...

この本を開く

オトノハ 第二号

『オトノハ』は、南阿佐ヶ谷の中華料理店・オトノハの今を記録していく電書雑誌です。毎号いろんな角度から、いろんな人の手で作っていくうちに、外側からはわからないオトノハが少しずつ見えてきそうです。2号の特...

この本を開く

オトノハ 第三号

『オトノハ』は、南阿佐ヶ谷の中華料理店・オトノハの今を記録していく電書雑誌です。毎号いろんな角度から、いろんな人の手で作っていくうちに、外側からはわからないオトノハが少しずつ見えてきそうです。今号の特...

この本を開く

オトノハ 第四号

『オトノハ』は、南阿佐ヶ谷の中華料理店・オトノハの今を記録していく電書雑誌です。毎号いろんな角度から、いろんな人の手で作っていくうちに、外側からはわからないオトノハが少しずつ見えてきそうです。今号の特...

試し読みを開く

湘南電書鼎談 第2回 「編集」について

「湘南電書鼎談」は東京都内の印刷会社で働く今井孝治、勝田俊弘、古田アダム有、横須賀在住のライター古田靖)が、電書(電子書籍)と出版、印刷のこれからについて語りあう集まりです。1997年 出版物の市場規...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。