twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したくないパパとママ。だってイヤなことしたら嫌われちゃうでしょ? でも本当にそれでいいのかな……?

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第十一歩目「ミリンダの対決」

ミリンダはおばあちゃんの所在を知るために、頑固シェフと料理勝負をすることに。途中で怪我をしてしまったミリンダは勝負に負けてしまうと思われたが……。

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第十歩目「会いたい」

どこかでおばあちゃんが生きていることを知ったミリンダは、唯一の家族に思いをはせ、何をしても心ここにあらず。そんな中、ある出来事をきっかけに、ミリンダはおばあちゃんを探すことを決意します。

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第九歩目「乱闘の再会」

ボッチはチョップーさんから預かったミリンダ宛の手紙を、デリシャスに届けに行きます。その頃ミリンダは、亡くなったママの写真を見つけていた!

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第八歩目「ボッチの失敗」

チョップーさんの厚意で、保護施設への緊急往診にかけつけることができたボッチととーちゃん。診察がはじまりボッチはふと気づく・・・薬の入ったバッグを忘れてきちゃった!

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第七歩目「命を救う判断」

ボッチの町の、ただ一人の郵便屋チョップーさん。ある日配達の途中、転んで怪我をしてしまいます。町の住民がドグ診療所に往診を依頼しましたがその直後、小さな子供たちの保護施設からも緊急要請が!

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第六歩目「氷が溶けるように」

ボッチがハマっているマンガ「解決ドリーム仮面」。その作者のタディさんは、なんとご近所さんだったのです。タディさんは体調が悪そうなのに病院を頑なに拒みます。このままじゃマンガが描けない!往診の出番だ!

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第五歩目「消えた道」

陶芸家のヒデさん宅から往診の依頼が。でもヒデさんは険しい山奥で奥さんと二人暮らし!とーちゃんの悪い予感が的中するが・・・

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第四歩目「幸せな食卓」

往診車に乗って、ボッチととーちゃんはおなかが痛いルーシーちゃんのもとへと向かいます。お宅にたどりついてみると、ルーシーちゃんは相当な肥満で……

試し読みを開く

泣き虫ボッチ2 第三歩目「新しいキセキ」

自動車工ニックの治療にあたるとーちゃん。治療を進めると同時に廃車を修理して往診車にする。そんな夢に皆で取り組むボッチ達だが、往診車の修理が上手くいかない。そんなとき、ボッチの涙が新たな奇跡を起こす。
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。