twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

差別認定論

 ―差別は、差別批判者によって作られる―  多くの人々によって差別が語られてきたが、そもそも我々は何を以て差別とし、何を以て差別としないかの客観的な根拠を発見したことがあっただろうか? 否。にもかかわ...

この本を開く

認識の論理

人間は如何なる構造によって世界を認識し、判断するのか? 認識の仕組みを精査に分析し、認識論の問題に終止符を打つ。

この本を開く

ネットメディアの終焉

 古くからインターネットは、人々に真なる平等を、知識を、権利を、解放をもたらし、既成社会に佇む多くの障壁を打破するものとして、様々な識者、知識人達によって礼賛、推進され続け、そうしてそれと対立するよう...

この本を開く

小説家

苦悩と絶望に満ちた半生を生き抜いた一人の作家が、なぜ自分が小説家になったのか、なぜ小説家にならなければいけなかったのかを、愚直に告白していく‥‥。引きこもり、ニート、精神疾患、自殺願望‥‥これは病的な...

この本を開く

悪霊

病的な自意識に苦しめられる一人の少年。彼の意識は次第に他者の存在、生きる不安、世界の意味へと疑義を深めていく。

この本を開く

殺人

ある日突然起きた無差別殺傷事件。一人の若者がなぜ犯行に至ったのか、己自身の半生を振り返りながら淡々と綴っていく。

この本を開く

思春期

大人の世界と子供の世界との狭間で葛藤する一人の女の子が、家庭や学校に対する反発の感情をぶつけていく。

この本を開く

堕落日記

作家を志す青年の虚無と荒廃に満ちた日常。時代を覆う閉塞感、堕落する若者達、希望なき社会のいまを描く。

この本を開く

倒錯

反社会的な性倒錯を持って生まれた男の暗い影に満ちた回想録。人間活動の根本に潜む性の問題を描く。

この本を開く

働く

徹底的に無気力なダメ男のわがままとそれに翻弄される人々をユーモラスに描く。
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。