twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

女生徒 太宰治・著

太宰治得意の独白体で綴られた、14歳の女生徒の起床から就寝まで。大人と子供の真ん中である14歳の頃に、誰しも抱いたあのときのモヤモヤが見事に描かれている。走れメロスや人間失格しか読んだことがないという...

この本を開く

藤九郎の島 久生十蘭・著

享保4(1719)年の秋、九十九里浜(千葉県)付近で嵐に巻き込まれ漂流した船がたどり着いたのは、藤九郎(アホウドリのこと)だらけの無人島だった。漂着から21年後の奇跡の帰還までを描く、日本版ロビンソン...

この本を開く

モルグ街の殺人事件 エドガー・アラン・ポー 著

史上初の推理小説といわれる作品。密室で起こった殺人事件の真相を探偵デュパンが解き明かす。

この本を開く

【縦書き版】 文士の生活 夏目漱石・著

【無料・縦書き版】漱石先生が正直に明かしてくれる小説家の暮らしぶり。お金のこと、趣味のこと、日々のお楽しみ、しっかり語ってくれちゃってます。

この本を開く

黒猫 エドガー・アラン・ポー 著

ポーの代表的恐怖短編■エドガー・アラン・ポー(1809年1月19日 - 1849年10月7日)

試し読みを開く

【縦書き版】 駈込み訴え 太宰 治・著

【縦書き版】裏切るには裏切るだけの理由がある……太宰治が人類史上最も有名な裏切り者の魂に迫った傑作短編。●太宰 治 1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日代表作『斜...

試し読みを開く

【縦書き版】 鬼 織田 作之助・著

【縦書き版】ヤリガイのためでも、ましてやカネのためでもない。ただ、ひたすらに、ヤル。それが『鬼』。短編小説の名手・オダサクが描くのは果たしてどんな『鬼』なのか……● 織田 作之助 1913年(大正2年...

試し読みを開く

【縦書き版】鎖工場 大杉栄・著

【縦書き版】これでも喰らえ!! 本物のアナキストによるブンガクによる一撃!! 俺はもう俺の鎖を鋳ることはやめねばならぬ。俺自ら俺を縛ることをやめねばならぬ。俺を縛っている鎖を解き破らなければならぬ。そ...

試し読みを開く

【縦書き版】一握の砂 石川啄木・著

【縦書き版】5・7・5・7・7のリズムに乗りながら、研ぎ澄まされた言葉がアナタの胸を抉る。石川啄木の第一歌集。

この本を開く

【縦書き版】 喫茶店にて 萩原朔太郎・著

【縦書き版】ますます余裕なんてなくなっちゃったりしているような……詩人・萩原朔太郎のメッセージは時空を超えて平成の世にも効いてきます。
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。