twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

江戸へ行こう 巻之四 凶刃(後編)

第三話から引っ張ってきた話の、解決編です。先生のお友達(?!)が登場したり、あいが推理を披露したりするそうです。

この本を開く

江戸へ行こう 巻之四 凶刃(前編)

今回は、ちょっと、捕物帖風味です。周庵先生がかっこいいです(?)しかし、思わず前後編にしてしまったので、なんだか「えー?」みたいなところで終わりになっていますが、後編でちゃんと絵解きをしていく予定です...

この本を開く

江戸へ行こう 巻之三 中間部屋の刃傷

文化文政時代を舞台に、「あい」という小娘が、ふらりと江戸へ遊びに行っては、好き勝手をする話。今回は、周庵先生の、仕事が分かります。……って、医者じゃなかったの?! いや、まあ、そうなんですが(笑)

この本を開く

江戸へ行こう 巻之二 子守の神様

文化文政時代を舞台に、「あい」という小娘が、ふらりと江戸へ遊びに行っては、好き勝手をする話。またもや、お狐様絡みです(?!) と言っても、オカルト的な要素は無しです。周庵先生の、過去に迫る? ……いや...

この本を開く

江戸へ行こう 巻之一 はじまりの物語

文化文政時代を舞台に、「あい」という小娘が、ふらりと江戸へ遊びに行っては、好き勝手をする話。といっても、SF的な要素は無しです。その過去にはいささか謎の多い、町医師柏木周庵先生と、その愉快な仲間達の元...

この本を開く

いろはにお江戸

江戸の季節の風物と、それににまつわる、小さな小さな物語。今回は、子どもの話を集めました。むかしむかし、『いろはにお江戸』という江戸関連のホームページ上に掲載していたものに、若干の加筆修正を行い再録した...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。