twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

初めての出会い

「アースルーリンドの騎士」の二人、オーガスタスとローフィスの、初めての出会いを描きました。

この本を開く

左将軍ディアヴォロス

ディアヴォロスが左将軍に就任するいきさつと、オーガスタスがその側近に選ばれるお話です。

この本を開く

ファントレイユとの出会い

王子ソルジェニーは王宮の中で孤独だった。そんな時、美貌の護衛ファントレイユと出会う…。

この本を開く

アイリスとアリルサーシャ初めての出会い「籠の鳥」

数年後、病で亡くなるテテュスのお母さん、病弱なアリルサーシャが初めて夫と成るアイリスと出会った時のお話。

この本を開く

ちょっとした思い出

ギュンター、12才の頃の思い出話。叔父と旅の途中盗賊に捕まり、売られる為に男に調教されるギュンター。…とこう書くと凄く大変なお話に聞こえますが、そこはあくまでもギュンターの体験。ギュンターのような、顔...

この本を開く

『二年目』短編  アイリスの回想   「初めて剣を握った日」

教練(王立騎士養成学校)の授業の課題「初めて剣を握った日」に苦悩するアイリス。その真相はとても人前で、発表出来るものではなかった。…挿絵イメージがあるので、いつか書き上げてアップするつもりです。時々覗...

この本を開く

ある日の出来事 1 序章 シェイルからの手紙

ローランデ20歳の時、近衛を除隊し、故郷の北領地[シェンダー・ラーデン]へ戻って父の後を継ぎ、地方護衛連隊長に就任した頃のお話。近衛除隊のいきさつを、親友シェイルから届いた手紙を交え語られています。

この本を開く

ある日の出来事 2 ある日のアイリス(隊長会議)

ローランデ去った後の近衛。顔は美貌だが中身は猛獣のギュンターの、なだめ役が消え、彼の扱いに困惑する面々…。戦闘無き今、ムストレス派との対立があからさまに成る中でも、アイリスは相変わらず。

この本を開く

ある日の出来事 3 ある日のディングレー(舞踏会)

ギュンターの失恋の痛手を埋めるため、ローフィスの差金で舞踏会に出かける、アイリス、ディングレー、ギュンター。だが対立してるムストレス派も多く居て、しかもこのメンバーでただで済む筈も無い…。

この本を開く

ある日の出来事 4 ある日のギュンター(屋敷の寝室)

敵(ムストレス派)方勢力の准将婦人と図らずしも一夜を共にしたギュンター。駆けつけるムストレス派准将の夫。そして…ギュンターを糾弾しようと、准将を擁護するムストレス派の男達。この場からギュンターを逃がそ...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。