twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

結婚適齢期 タニア姫の切ない片思い

「右の王家」で舞踏の名手、タニア姫がギュンターに一目惚れ。しかしギュンターは…。

この本を開く

オーガスタスを倒す日

オーガスタスが教練入学以来の宿敵、一級上の四人のワルのお話。

この本を開く

ギュンターの系譜

中央護衛連隊長に就任後、ギュンターの実父ラフィアンが、祖父を連れて訪問して来た。なんと、祖父、実父ともにギュンターと顔がそっくり…!ほぼ三兄弟のように顔がそっくりの父、祖父と話しながらギュンターは…?

この本を開く

レイファスとファントレイユ、初めての出会い

体の弱い母親。その母親を気遣う父親。我が儘が言いたくても出来ないレイファスは、母親に隠れてこっそり暴れ回っていた。そんな時、幼少から体の弱いいとこ、ファントレイユに出会う…(人形の冒涜(ぼうとく)ファ...

この本を開く

炎の女王サランディラ

神聖神殿隊付き連隊騎士、ゼイブンとローフィスは、村祭りの仮面フェスティバルで消えた男達の消息を追う。消えた男達が口説こうと追っかけていた黒髪の美女は、アースルーリンドの世界で言う『影』に憑かれていた。...

この本を開く

世間の常識(副題 フィンスの妄想)

連載二年目。の途中のお話。本編には書かないつもりだったけど、リクエストがあったので。あくまでもフィンスの妄想ですので、実際のギュンター、オーガスタスからはかけ離れています。作者、あまり面白すぎて噴き出...

この本を開く

アースルーリンドの騎士『幼い頃』

ファントレイユ、レイファス、テテュスの少年時代

この本を開く

北領地[シェンダー・ラーデン]の恋人 アメブロに掲載した一部

北領地[シェンダー・ラーデン]の恋人からの抜粋。まだ直してないので、これから連載『二年目』に出る予定の一部分です。なので、教練ギュンター三年、ローランデ二年の時の、シーズン半ば過ぎの頃のお話。

この本を開く

キリスト教圏では絶対書けないショート。

アトランティス人の実験で、未来の人物とコンタクトを取った…。それは神の子と呼ばれる、キリストだった。

この本を開く

アースルーリンドの騎士『二年目』 

現在アメブロ(http://ameblo.jp/aasururind)で連載しています。王立騎士養成学校『教練』でのお話です。
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。