twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

五つの足跡

支倉透はある日、子犬を拾う。奇しくもそれは娘の一歳の誕生日だった。妻の絵里は犬を飼うことに反対するが、たまにしかわがままを言わない透がどうしてもというので折れる。「あたし、わかってた。あの子よりもあた...

この本を開く

私の棺桶

私は、ある日、葬式の予約の電話をかけた―――。(2011/10/2公開 13700文字くらい)純文学というかコメディというか、なんだろう。ブラックユーモアを書きたいなぁと漠然と思っていました。書いてい...

この本を開く

いろんなジャンルに挑戦!

不定期連載予定です。読みやすくて、おもしろくて、何か一つ心に残るような話を目指します。基本、原稿用紙10枚程度の短編か、2枚くらいの掌編になると思います。

この本を開く

炎上のツイッター

高校生の良子はツイッターを始めて3ヶ月だが、中毒気味。妹の理乃はなんとかそれを止めようとするが……。「どうして人の気持ちがわからない。 どうして人の気持ちを考えない。 どうしてツイートするその一瞬前に...

この本を開く

地獄に仏

利雄は猫のひつじと散歩をして、つい昼寝をしてしまう。若いころの夢を見る。ひつじはどこかへ行ってしまう。利雄はひつじを連れてきてくれた少年と出会うが、少年の腹にはどす黒い色のあざがあった。(2011/9...

この本を開く

中二病

最近、中学2年生のクラスでは薬では治らない難病、中二病が蔓延している。10こ目の短編と次の作品の序章です。あなたは、治っていますか? 私はまだ治っていないのかもしれません。(2011/9/2公開 34...

この本を開く

まとめのトゥギャッター

みじん切りには、その人の性格が出ると思う。9つの目の短編。そういえば本編はあやふやな終わり方だったので、これで終わりという感じにしたいと思い、まとめです。(2011/9/1公開 3000文字程度)田中...

この本を開く

黒歴史

誰にでも消し去りたいと思うような過去があるはず。8つ目の短編です。カテゴリ、歴史であってます??(2011/8/31公開 3000文字ほど)

この本を開く

炎上のブログ

生徒たちに情報管理についての注意のプリントを印刷する恭也だったが……。7つ目の短編。本編では登場しない、プリントを書いた先生の話。(2011/8/30公開 3194文字くらい

この本を開く

君が来た日

犬を飼うことに決まり、子犬が来たのだが、肝心の名前が決まらない……。6つ目の短編です。ときどき、すっごく変な名前の犬がいますよね。(2011/8/29公開 2600文字くらい)
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。