twitterアカウントでログイン

この連載のバックナンバー

この本を開く

カフェで昼食 → 歩いて歩いて、サンラザール駅 → さよならパリ。

この本を開く

さあ、パリの街へ。エッフェル塔へ。凱旋門へ。

この本を開く

ルーブルのストは午前10時に中止された。中のレストランでの昼食を挟んで、夕刻までのルーブル満腹ツアー...

この本を開く

朝起きて、いよいよパリ。でも2日前から聞かされている公務員ストの確定情報がわからず。ルーブルに入れる...

この本を開く

ヴェルサイユ後編。そこは美の戦場だった。王は王として生まれるのではなく、王たるをせしめねばならない。

この本を開く

ヴェルサイユ宮殿。美と工芸の極地。ギリシアの神々に守られた近世のオリンポス。王様の時代のフィナーレ。

この本を開く

世界遺産シャルトル大聖堂。深く、濃く、しずかなる青が、訪れる人の心に満ちる。青は水の色。そして空の色...

この本を開く

真下魚名の、フランスぶつくさ旅行記。シャンボール城を見て、王様の別名は浪費だと思った。ところであの駅...

この本を開く

真下魚名の、フランスぶつくさ旅行記。ロワール地方の古城巡り。シュノンソー城は、森の奥の隠れ家のような...

この本を開く

真下魚名の、フランスぶつくさ旅行記。モンサンミッシェルを出て、ツアーバスはトゥールの街へ。ちょっとし...

« 前のページ 1 2