twitterアカウントでログイン

作品検索


- キーワード:創作同人2019年3月

試し読みを開く

科学部室のエリカさん

「えっと…ちょっと待ってください、エリカさん」科学部のエリカさんの発明品はいつも唐突だ。後輩部員のトウタ君とキヨミ君は必ずそれに巻き込まれる。高校の科学部で繰り広げられる短編ドタバタSFコメディ集。「いちご白書」「ハナミズ・ダイエット」の2編を収録。2019年2月のCOMITIA127にて発行の自主...

なかせよしみ

試し読みを開く

火を使う

「先生 ライターってどうやって使うんですかー?」生活の中に火があった。しかし、時代は変わった。燃える炎を目にすることは少なくなった。作者の火にまつわる思い出と火への想いを綴るテーマ・エッセイ漫画。2019年2月のCOMITIA127にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌。(本文25ページ)創作同人...

砂虫 隼

試し読みを開く

漫画の先生ep7.

「そろそろ次回のコミトピアのサークルカットを描かないと…」美晴の隣に住む「向河原くん」は会社勤めの傍で漫画を描く人だった。彼の1日は起き抜けのネーム作業ではじまる。高校で漫画を教える非常勤講師「響美晴」の日常を描くシリーズ第7話。2018年12月のコミケにて発行の自主出版誌。(本文32ページ)創作同...

なかせよしみ

試し読みを開く

たびのごはん

「うちらさーここに来てから野菜喰ってないよね」かばんにお米と缶詰めつめこんで2泊3日の合宿にでかけた。しかし、迷い込んだのは食の迷路だった。旅を通して知る日常の食事、旅によって出会えた新しい食材。「旅」と「食事」の交わりを描く食エッセイ漫画。2018年11月のCOMITIA126にて「乱痴気事虫所」...

砂虫 隼

試し読みを開く

呉本課長の怪獣

「うちの会社には『怪獣の課長さん』がいる…というか僕の上司だ」入船君の勤める会社の上司は着ぐるみ怪獣を着込んだ呉本課長だ。課長がその着ぐるみに遭遇した時も入船君は居合わせていた。会社を舞台に繰り広げられる怪獣奇譚。2014年2月のCOMITIA107にて「まるちぷるCAFE」発行の自主出版誌。(本文...

なかせよしみ

試し読みを開く

竜の飼い方教えます12

「引力の卵がある限り僕は生かされる命に囚われる 」MC(ムーンチャイルド)である自分は侏儒と同じくに造りものの命だと明かす宗一郎。公平は満月村で自分が何をなすべきか気づく。そして春華は雷太に自分と宗一郎の出会いを語る。異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第12話。20...

砂虫 隼
« 前のページ 1 次のページ »