twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:足利義政

試し読みを開く

ねんねん法師 修羅法師(応仁の乱の名将 畠山義就)一末法の世の巻

応仁の乱で当代一の名将とうたわれた畠山義就。彼は大乱の前後に二度、日本全国の軍勢を相手に戦うという、過酷な運命を背負っていた。そんな苦難がなぜ義就を襲ったのか、どうやって切り抜けていったのか、孤高の正義を貫いた名将の激動の生涯に迫る歴史長編。幕府三管領家の一人、畠山持国には、娼婦の土用との間に息子が...

蒔田 尚之

試し読みを開く

ねんねん法師 修羅法師(応仁の乱の名将 畠山義就)二修羅道の巻

義就が還俗し畠山家の当主になったことで、畠山家は分裂した。母の身分のためさげすまれ、東寺の落ちこぼれとして馬鹿にされる義就。そしてついに頼みにしていた将軍義政からも見放されてしまう。朝敵、賊徒として、日本全国の軍勢数万に攻められることになった義就は、南河内の嶽山城に籠ることになった。預かってきた少女...

蒔田 尚之

試し読みを開く

ねんねん法師 修羅法師(応仁の乱の名将 畠山義就)三 京師炎上の巻

宿敵成身院光宣の奇策により、嶽山城は陥落する。兄の祐清も、新見荘で悲劇的な最期をむかえる。末法の世の矛盾とヒズミのために、正義は決して報われることがない。世をただし、正義を貫くため、山名宗全の招きに応じて上洛する義就。そして遂に、応仁の乱が、勃発する。燃え上がる京の都を駆けながら、義就は疑問を感じて...

蒔田 尚之

試し読みを開く

ねんねん法師 修羅法師(応仁の乱の名将 畠山義就)四 大元帥ノ法の巻

十一年にわたった応仁の乱がようやく終結した。実質的な敗者となった西軍の武将たちは、大御所足利義政に降参した。だが義就だけは、なぜか許されない。義就は孤独な戦いをしいられる。そしてついに幕府が総力をあげて義就討伐に乗りだすことになった。政略、軍略を駆使して圧倒的な幕府軍の戦力を削ぐ義就。それでも兵力の...

蒔田 尚之

試し読みを開く

燎原の雲(北条早雲の生涯) 一、応仁の巻

戦乱、飢饉、大地震と災禍が果てしなく続く室町後期、数奇な運命のもとに武士になった新九郎は、古き王法、腐った権門と戦う使命をになう。北条早雲の波乱の生涯を描いた歴史長編、全五巻。京の浮浪児クロウは、馬借の大道寺一党に拾われた。だが大道寺一党は、ただの運送業者ではない。彼らは詐欺まがいの手口で、年貢を取...

蒔田 尚之
« 前のページ 1 次のページ »