twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:蘭越町

この本を開く

児童養護施設の栄養士としていままでもこれからも

児童養護施設に勤めて30年の栄養士の著者(蘭越町在住)が、いつも子ども達とすごしながら「食べること」を通じて、「こんな事も伝えたい」「あんなことも経験してほしい」など日々思ってやってきたことをまとめました。

rankoshi

この本を開く

連なる峰々~ニセコのパウダースキーを満喫する~

ニセコ連峰。ニセコ連峰を眺めるなら蘭越に限る。右手に雄々しい独立峰の羊蹄山が鎮座し、そこから西に向かいそれぞれ独特な山容をもった山がつながる。この本では蘭越在住者として、ニセコ連峰の冬の醍醐味ともいえる、バックカントリースキーについて紹介したい。

rankoshi

この本を開く

イケメンファーマーのログハウス奮闘記

ニセコ連邦目国内岳の麓で24歳農業青年(蘭越在住)がログ制作に挑戦!「俺と結婚したらログハウスに住めます」と言ったものの、著者は建築知識無しのど素人。当時の写真を振り返りながら、ログハウスを建てるまでのドタバタ記録。

rankoshi

この本を開く

笑わない少女

宇佐美圭吾は趣味のスケッチのため、蘭越町に旅行に来た。図書館に掲げられた不思議な少女の絵画に心を奪われる。やがて宇佐美は少女が実在することを知り、探し求めようとするが。。。

rankoshi

この本を開く

人がごちそう!!蘭越 住民作家に出逢う旅

住民作家プロジェクトは北海道の未来の姿につながる取り組みで、子どもの頃の夢を思い出させてくれた。そんな思いを胸に蘭越町を訪れた旅日記である。

rankoshi

この本を開く

僕たちのワイナリーができた!(予告編)

松原農園。北海道・ニセコ山麓の蘭越町に住民手作りのワイナリーが出来るまで。第一部1986年~1996年 立志・猛進編。

rankoshi

この本を開く

自動車整備工場の事務員がおくる 女性もわかる!クルマのQ&A

蘭越町国道5号線沿いにある髙橋自動車工業。親切で腕の良い整備工場として有名です。そこで働く美人フロントレディのハナさんが、一般的な女性の視点から、車を所有するにあたっての注意点やトラブルへの疑問にお応えするために作った本書です。さまざまなことをわかりやすく解説していますよ!

rankoshi

この本を開く

冬のらんこし

世界的なリゾート地の北海道ニセコ。冬のらんこしの日常を撮影した写真集です。ニセコCC発行 niseko

nisekocc

この本を開く

田舎劇団 蘭越演劇実験室 上演戯曲集1

北海道蘭越町で活動する田舎劇団「蘭越演劇実験室」の上演戯曲集

watanabee1

この本を開く

31歳の記念写真集~北海道でのスローライフ~

Misa、1982年生まれ、蘭越町在住。北海道に移住し、トイプードルの愛犬ラブとスローライフをしています。北海道で撮影した写真を集めて、30歳の記念アルバムを作りました。撮影場所は、蘭越町、ニセコ町、倶知安町、真狩村、札幌市です。ニセコエリアは春、夏、秋、冬それぞれの魅力がいっぱいの場所です。

rankoshi

この本を開く

信ちゃんのFacebookグルメリポート!!

北海道の蘭越町やニセコ町の周辺には、美味しいお米はもちろんのこと、山の幸、海の幸を楽しめるグルメな店が多くあります。昼休みや休日には、美味しい食べ物を求めて、食べ歩きをしたりしています(^з^)-☆最近、フェイスブックに投稿した写真を集めてみましたので、ぜひ見てくださいね。

rankoshi

この本を開く

「花一会」と「あそぶっく」~北海道にある蘭越町とニセコ町の図書館~

蘭越町コミュニティプラザ花一会とニセコ町学習交流ンターあそぶっくが、ブックスタートについて、情報交換をしています。近隣町村との情報交換により、お互いの町村がもっと近く感じ、きっと気が付かない、いろいろなこと、見えてくるのでないかと思うのです。

rankoshi

この本を開く

深く拡がりのある自然との触れ合いを求めて

公益財団法人草野「河畔林」トラスト財団は、ナショナルトラスト運動の一環として、江別市石狩川河畔の天然河畔林を整備保全することを目的に許可を受けた財団です。北海道における河畔林の整備・復元及び活用と、河畔林に的を絞った緑化を実施しております。

rankoshi

この本を開く

十三歳が撮った蘭越

蘭越中学校中学校1年生の晴喜が、町内をブラブラしながら撮ってきた写真集。蘭越町の気になった場所。好きな場所を撮影しました。

rankoshi

この本を開く

リゾートとしてもすごいぞ、蘭越町!!

リゾートって何だっけ?私たちが住む蘭越町でならこんな楽しみ方がある!この町で暮らす楽しみ方、そして町の魅力をおもしろおかしく語り尽くします。蘭越町初心者にはうってつけの蘭越町入門書です。

rankoshi

この本を開く

黒土に生きる

現在85歳の日比野フク子さんが書いた詩(替え歌)や短歌、エッセイをまとめたものです。その中には、蘭越町で生きてきた人生の変遷が綴られています。また、デイサービスではじめた「大人の塗り絵」作品への想いを記しました。

rankoshi

この本を開く

蘭越と議員インターンシップ-大学生が笑って泣いて考えた2ケ月間-

見ず知らずの町にインターンシップを行い、ごくごく普通の大学生が春休みの2ヶ月間、蘭越町で行った政策提言の一部始終を僕の体験談を通じてご紹介できればと思います。

rankoshi

この本を開く

「Like A Rolling Cake」

この本は小さな町、蘭越町に暮らす創業100年の菓子屋の一応4代目の僕が、自分のこれまでの人生を80%くらい赤裸々に振り返り(誰も知りたくないだろうけど)、少しだけ蘭越の歴史や街の紹介を入れながら、この地で蘭越町民として、菓子屋の後継ぎとしてどんな暮らしを送っているのかを書き記したものです。

rankoshi

この本を開く

木工房 湯ノ里デスク

蘭越町湯里にある、廃校の家具工房。木のぬくもりを大切にした机や読書空間を創造する、「湯ノ里デスク」の自己紹介ブック。

rankoshi

この本を開く

シャケ武士イラスト集Vol.1

「シャケ武士@蘭越町非公式キャラ」のイラスト集。北海道は蘭越町が生んだスーパーヒーロー。サクラマスと武士がモチーフのキャラクターだ。カツオ節みたいなサクラマス節(シャケ節)を蘭越特産にすべく立ち上がった武士の一人。みんなで北海道まるごと盛り上げていこうぜ!

rankoshi
« 前のページ 1 2