twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:落語

この本を開く

めんどくさい[SFP0306]

5月3日公開。落語です。バカップルものです。この作品、実は2011年3月11日以降初めて書いたSFPなんですね。全く書けない時期を経て4月12日に書きました。無理した明るさが当時をしのばせます。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を...

hirotakashina

この本を開く

創作落語「散歩屋」

根性、努力、修行、忍耐とつくものがからっきし駄目な若旦那が思いついた新商売とは・・・

虹岡 思惟造

試し読みを開く

[落語まんが] ほんやらこばなし。「宿屋の仇討」「芝浜」

誰もが知っている名作古典落語をコミック化!!原作忠実。名作落語のおもしろさそのままに、シンプルで読みやすい[落語まんが]シリーズの登場です。有名古典落語の名作噺ばかりをラインナップ。落語ファンはもちろん、「日本人の大衆娯楽の原点・落語」を聞いたことのなかった方への入門に最適。お子様から大人までお楽し...

浜田ぢゅんいち

この本を開く

序の口[SFP0329]

5月26日公開。野郎二人のおかしなかけあい。やたらゴキゲンな男が幇間(たいこもち)風の男に自慢話を始めます。落語調でかつバー「MARS STONE」もの。二度おいしいカクテルをどうぞ。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち3...

hirotakashina

この本を開く

辻斬り[SFP139]

11月16日公開。毎度ばかばかしい小咄を。お題「半夏生」で書きました。「半夏生(はんげしょう)」って知ってます? 知らない方はこちらでどうぞ。物知りの旦那が教えてくれます。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超え...

hirotakashina

この本を開く

戒厳令の夜更けに[SFP0315]

5月12日公開。毎度バカバカしい、でもちょっぴり怖い落語です。戒厳令の夜に表を歩いていて捕まって牢屋にぶちこまれた男たちが、「抗えないアイツ」というお題でおしゃべりをします。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超...

hirotakashina

この本を開く

歴史的演説[SFP0321]

5月18日公開。民衆革命の中でアジテーションの上手いやつがぐんぐんのし上がって行く。そんなありさまをバカバカしい小噺にしました。おなじみ落語スタイルのSFP。笑ってやってください。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300...

hirotakashina

この本を開く

ぶつかりスリ[SFP0183]

1月1日公開。初笑い。落語です。粗忽者が次から次に馬鹿ばっかり言ってます。年の初めをこのバカバカしいお噺で始められたことを慶びたいと思います。今年もよろしくお願い申し上げます。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を...

hirotakashina

この本を開く

お賽銭談義[SFP0032]

8月1日公開。これはもう落語みたいなもんですね。全体にとぼけた味わいで、わかったようなわからないような理屈をこねまくるおかしさ。楽しんでいただければ幸いです。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました...

hirotakashina

この本を開く

Hey Brother!![SFP0054]

8月23日公開。これまた落語みたいな話です。個人的にはいちばん最後の一行があって、その後にお題が出て来る、その「間合い」が好きです。バカバカしくて(笑)。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お...

hirotakashina

この本を開く

らくごったぁ!〈電子書籍版〉

落語界の重鎮・三遊亭圓窓師匠の監修のもと、落語をツイッター風に読んで楽しめるiPhone用電子ブックアプリ「らくごったぁ!」がリリースされています。この電子書籍版は、「らくごったぁ!」無料版から「親子酒」「目黒の秋刀魚」をテキストのみで収録。舞台は江戸時代ながら、今風な感覚の笑いをお楽しみください。

tzucca

この本を開く

褒め言葉[SFP0202]

1月20日公開。落語です。艶笑譚というやつです。素直じゃない、へそ曲がりな人たちが出て来るおかしな噺、読んで笑ってやってください。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お題を投げてくれた方や感想...

hirotakashina

この本を開く

八十八サチヲ一代記[SFP0348]

6月14日公開。家元・立川談志師匠に捧ぐ。悪役から正統派へ。と言っても噺家のはなし。タイガーマスクみたいなタイプの噺家が世間の評判になって行く様を描きます。もちろん落語型式です。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編...

hirotakashina

この本を開く

怖い上司との付き合い方[SFP0220]

2月7日公開。ごくごく短い会話劇というか現代落語というか。ご笑覧いただければ幸いです。怖い上司というのもいろいろありますが、みなさんの身近にこんな人はいませんか?Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいま...

hirotakashina

この本を開く

百田伝兵衛ことのはじまり[SFP0354]

6月20日公開。いんちき昔ばなしシリーズ。笑えます。桃太郎という名のはた迷惑なお侍がもっとはた迷惑なごろつきや酔っぱらいと暴れるドタバタ劇。落語の世界と言ってもいいでしょう。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超...

hirotakashina

この本を開く

来[3][SFP0244]

3月2日公開。SF落語と言いますか、「何について話しているでしょうか?」というなぞなぞと言いますか、けったいな作品ですが、読み終わるとひとしきり考えさせられます。ご笑覧ください!Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編...

hirotakashina

この本を開く

サヨナラホームラン[SFP0270]

3月28日公開。お題は「サヨナラホームラン, レヴィ=ストロース, 政令指定都市」と、270篇あまりつくってきて初の三題噺。そうなったら落語で受けるしかありません。一席お楽しみください。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち...

hirotakashina

この本を開く

初詣[SFP0284]

4月11日公開。落語を一席。時期外れではありますが初詣というお題でお届けします。花見のシーズンですが年がら年中、理由を付けては酒を食らっている困った男の話です。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいまし...

hirotakashina

この本を開く

渋谷おでんや物語

「桐生さん、次の本を出したいんだ」「………………?」「末期ガンで、死後の献体の手続きも、今、済ませたところなんだ。もう長くないから、 僕が死んでから本にしてほしいって思ってネ。原稿のフロッピーを送ったから後は頼む よ。」「洒落たことしますネ。じゃあ、見舞いがてら一度打ち合わせに行きますよ」と、明る ...

DEP

この本を開く

ツンデレねーさん[SFP0303]

4月30日公開。毎度バカバカしい小咄を。オチも何もなくひたすらバカバカしいやりとりが続くだけですが、時はこういう肩に(全く)力の入らないのもってことで、お楽しみください。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えて...

hirotakashina
« 前のページ 1 2 3 4