twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:生命

この本を開く

この世界の秘密の話 1

この世界の秘密を解き明かしています。まずは、この世界の仕組みの基本をお話ししています。この本は暗示として意識に理解しやすいように直感的に表現している部分があることをご了承ください。

試し読みを開く

~虫の庭~

場面がさまざまに展開してゆく男の周りで、「毒虫が沢山入った水槽」が急に現れる。男は自分の部屋で妄想に耽っていた。その部屋にその大きな水槽がどでんとあり、水槽はちょうど部屋の出口をふさぐ形であった。虫と人間との闘いが段々始まってゆく…。

天川裕司

試し読みを開く

『思記』より~復活の半生(原文ママ)~

15歳頃から書き続けてきた「人生を生きる上での感想」を、そのまま告白したもの。若いながらの、率直で、思春期に見られる文体がちょこちょこあります。今ではもう、書くことができません。それ以上、具体的な概要については、本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~竜宮の使い~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

雲の上を歩いていた!!

僕の子供が、狭い路地から、この世にグイと身を伸ばしたとき、ああ、これが天の采配なんだと解かったよ。生命って、大したものだよ。僕はまだ、あのときの興奮を鎮めることが出来なくて、雲の上を歩いている‥‥‥。始めての子供の出生という、ヒーローだけでなく、見るものまで幸福にしてしまうような、昂揚感のなかで、幕...

エンマ

この本を開く

この世界の秘密の話 2

生老病苦についてお話ししています。厳しいお話をしているところがありますが、結論はずっと先にありますので、心を落ち着けて読んでください。全く無い心とは、普段の自分の生活の中にあります。

この本を開く

この世界の秘密の話 3

自然現象の起こる仕組み、憎しみはどうして発生し、そして憎しみはこれからどうするべきなのか、その考え方をご説明しています。

この本を開く

この世界の秘密の話  4

憎しみのまとめ。人間や存在はなぜ動けるか、その中で空気はいったいどういった役割を果たしているか。この世界はみんな全無であることを教えています。また苦しみはあなたが思いやりを持つために必要な出来事です。

この本を開く

この世界の秘密の話 5

この世界が現在に至った経緯をお話しています。永遠とは何か、無の始まりから暗示がこの世界の構成にもたらす効果をお話しています。 

この本を開く

トルストイの晩年

「私に影響を与えた本」はトルストイの「人生論」です。ロシアの文豪が晩年に達した境地。「生きるとは」「愛とは」…考えて、考えて、考えた。

nyur

この本を開く

生きる! 魂のつながり

■A4サイズのPDFに差し替え 映画「スープ」より、たましいについて追求。たましいのつながりを考察した。これは史上初のたましい本

なんでん屋

この本を開く

宗教とはなにか―古代世界の神話と儀礼から―

古代世界の神話や儀礼から、すべての宗教の底流に流れている原初的な宗教感情を取り出し、宗教的なるものの根源を探る宗教哲学入門。大いなるものへの畏怖と帰一、生命の再生と循環、死と罪の自覚などに宗教の祖型を見い出す。(〈生命の哲学〉コレクション4.『宗教とは何か』ミネルヴァ書房 2016年 所収) 

小林 道憲

この本を開く

情報宇宙論覚書

この宇宙を、物質とエネルギーだけでなく、〈情報〉という観点からもとらえ、これを情報によって自己組織化する世界と考える生命論的宇宙論への覚書。(〈生命の哲学〉コレクション5.『複雑系を哲学する』ミネルヴァ書房 2017 所収)

小林 道憲

試し読みを開く

生命は輝きの中へ

生きることを放棄したはずの僕であったのに、図らずもニートとなってしまった。それを憎みながらも僕は何もしなかった。自らを変える努力も、死に向かうことも。そこへ母が仕事を持ってくる。そうして僕は働き始めた。動物愛護センター、いわゆる殺処分場で。生命の喪失の場で時を過ごす僕は、ある日輝きを見る。生きること...

諸星中央

この本を開く

〝 宇宙人 〟について、☆彡考察してみた☆彡

はたして〝 宇宙人 〟と言われる〝 人 〟たちは、どういった人たちなのか???☆彡どのような〝 世界 〟で暮らし、どのような〝 意識 〟で生き、どのような〝 体 〟を持ち、どのような〝 理由 〟で私たちの前に姿を現すのか???☆彡☆彡〝 source message 〟の中でも、最もタイムリーに伝え...

この本を開く

旅の約束

生きるということに思いを巡らせていた時に浮かんできた物語。こんな約束があったのかも?文字数約11,900

青い月

この本を開く

生命と宇宙

生成流転する世界の洞察を通して、自然を〈生きた自然〉としてとらえ、躍動する生命と宇宙の扉を開く。〈機械〉から〈生命〉へ、21世紀を導く新たな世界観を提示する自然哲学の試み。(〈生命の哲学〉コレクション1.『生きた自然を探求する』ミネルヴァ書房 2016 所収)

小林 道憲

この本を開く

拡散の影

スマホがあなたを監視する―盗撮、クーポンアプリ、インフルエンザ、異臭騒ぎ―何でもない日常の小さな事柄が繋がる時、背後で何かが拡散を始める

草戸 棲家

この本を開く

知識の素 不思議の科学

★宇宙の外観★ ★生命の誕生★ ★思考能力★  未知の科学編です。

なんでん屋

この本を開く

新・モナドロジー

存在論、認識論、自然哲学、歴史哲学、実践哲学、宗教哲学にわたる私の今までの思索から、その精髄を抽出し、ライプニッツの『モナドロジー』に倣って要約した要綱集。独自の生命論的世界観から、存在、認識、宇宙、生命、精神、歴史、倫理、宗教などについて考察してきた私の生命哲学の全貌を一瞥する。(〈生命の哲学〉コ...

小林 道憲
« 前のページ 1 2 3