twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:犯罪小説

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 一帖

《人を殺した事がありますか?…その男は、そう言った。》ベトナム中部、亜熱帯の町、ダナン。ある少女の両親が遂げる焼身自殺。日本、ある中国人が組織した外人ばかりの《右翼部隊》。暗躍する男装の女。その首謀者が刺殺されたいう情報が入るが…?そして蘇る、ある日の茶会の静かな、あまりにも静かな風景の記憶。連作《...

Seno Le Ma

この本を開く

その色彩

《振り向いた私に、彼女は何か言って笑いかけたが、聞き取れなかった。その長い、ひっつめられた髪の毛の向こうに空が見える。》破壊と再生の物語。連作《シュニトケ、その色彩》、その序章。ベトナムを舞台に、異国で生きる日本人たちの肖像と、貧しい少年たちの生のかたち、そして日本を舞台にしたある奇妙な、外人だらけ...

Seno Le Ma

この本を開く

それら花々は恍惚をさえ曝さない ①

《咲き乱れるブーゲンビリアの下に、壊されていく君を見た。》異国、熱帯の町ダナンで生活する日本人の《私》。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる《私》のうちに、ある日忍び込んだ《盗賊》の美少年と、彼に従う野蛮な《盗賊たち》の集団。《盗賊たち》の集団リンチとそれを指揮する美少年の微笑。ある美しい女の結婚式に日に...

Seno Le Ma

この本を開く

わたしを描く女 ②

《きみの眼差しの前で、私は素肌を曝した》90年代の東京、歌舞伎町。猥雑な気配を撒き散らしていた眠らない街に闊歩するホストたち。同性愛と、犯罪と、そして、現れた不思議なチャイニーズ・マイフィアに、まだ見たことのない風景に誘われる。ホストの《私》は、ある失語症の女と、その姉の眼の前で、絵のモデルになるた...

Seno Le Ma
« 前のページ 1 次のページ »