twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:無頼

試し読みを開く

『懐かしさ』は発展の源泉である

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「俺の人生」から~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~シャイニング~

光輝く湿原の彼方・・・人は何かに取り憑かれたように「自然」と「自分」を貪る・・・。言葉を忘れた人の動きは、男女の区別をきれいに忘れて、心なしか自分の巣屈へ脚色されつつ帰還してゆく。『夢日記』第1期シリーズに組まれた、無謀にも揺蕩い、未来(さき)を透した物語。

天川裕司

試し読みを開く

~空砲~

ある日、江戸の町に返った男は、自分の親友のような男に出会う。二人は何気に意気投合するが、どこからか聞こえてくる、あるいは感じる、「クウホウ」のような衝撃と音を知った。「どこかで馬鹿な殿様が、無法に人を殺害している・・」そんな噂を心の中で知った二人は、すぐさまその殿様の暴君ぶりをいさめようと、その殿様...

天川裕司

試し読みを開く

~忘年会~

夢の中で、元職場の忘年会へ来ていた。ひとしきり楽しんだあと帰路につくと、自分の前を知らないようで知っている女の子がいる。「はて?どこかで見たような…」と思っているうちに、身の回りの環境がとつぜん変わり出した。

天川裕司

試し読みを開く

~クリスマスの夜~

クリスマスの夜に、ある少年から老人が不思議な夢をみた。その夢は、まるで現実に起きる数多の出来事を、「その時点」から言い当てるようにコロコロ転がり、果ては〝少年から老人〟の足元を、所々仄かに照らしてゆく…。幻想仕立ての現実を前に、人の記憶はどうして……

天川裕司

この本を開く

東町健太エッセイ集1『バカが吼える!』

 最後の無頼派、とかよく自認しちゃう作家の方がいらっしゃいますが、そういった時点でもうそれは無頼じゃないんじゃないかな。あまねく物を懐疑し、吼えてかかる。それだけが彼のすべきことであり、せずにはいられないことなのかもしれない。東町健太。僕、オパーリンは彼の書いたものを読む度にそう思い、どんどんと惹き...

オパーリン
« 前のページ 1 次のページ »