twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:流行

この本を開く

実録 焼きヨーグルト事件 

何の変哲も無い2009年upのレシピが、2014年秋のレシピ投稿サイトニュースで紹介された途端他のまとめサイト等に爆発的に飛び火。果てはテレビ、出版社によりとんでも無い方向へ。頼りにしたサイト側も侵害以外手は出さないスタンス。たった一人どん底に突き落とされたup主の苦悩の日々。

conamonn

試し読みを開く

~おきまりのタケシ~

夢の中でみた数々の残像・・その残像が太陽の光に触れて、見るも無残に明るくなった。心の中から人の形がごろごろ現れ、それぞれ皆が、無秩序に乱れ始める。

天川裕司

試し読みを開く

~過去からの風~

風が吹くのは自然のこと。緑豊かな夢の内には、模造が飛び込む虚ろがあった・・虚無と光の幻想から見た、遠い宇宙の広さは、人の鼓動に膨大なる呼吸を呼んだ。

天川裕司

試し読みを開く

~怪物~

人が持つ「怪物」とは何なのか?カイブツ、、、その言葉通りに姿を追えば、つくづく、自分の内にも居るような気がする。あなたが怖がるカイブツ、またはあなたが居てほしいと思えるカイブツを思い描いて、読んでみて下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~職場仲間~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~鉄の悶心(もんしん)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~評価を吝嗇(けち)った女~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~集大成~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~命の幻(ゆめ)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

『思記』より~創作より(原文ママ)~

15歳の頃より、1990年代前半を基点にして、これまで綴ってきたアンソロジー風のポエム・随筆です。1概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「灰汁」から~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「六月の自立」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

僕の愛した彼女

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「俺の人生」から~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「沖の方まで」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「カートゥーン」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~シャイニング~

光輝く湿原の彼方・・・人は何かに取り憑かれたように「自然」と「自分」を貪る・・・。言葉を忘れた人の動きは、男女の区別をきれいに忘れて、心なしか自分の巣屈へ脚色されつつ帰還してゆく。『夢日記』第1期シリーズに組まれた、無謀にも揺蕩い、未来(さき)を透した物語。

天川裕司

試し読みを開く

~一つの結末・夢おろし~

結末とは何か?人生において、人の結末とは、それぞれが昏睡に落ちた時を言うのではないか?欲望と道徳の渦が巻いた忘却の港で、男女は静かに横たわる・・・

天川裕司

試し読みを開く

~人の悪魔~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~先生~

「俺」と「私」は同一人物。これまで生きてきた軌跡の中で、自分の存在理由を確かめる。思春期の頃に出会ってしまった「先生」こと理想の人は、今ではすっかり形を変えて「俺」と「私」の中に生き続けている。

天川裕司
« 前のページ 1 2 3