twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:民主主義

この本を開く

日本の争点

政治・社会問題に関する雑文・エッセイ集 社会問題 / 社会思想・のようなもの / 歴史と戦争 / 憲法9条と日本の軍事政策 / 日本の争点 / 政治エッセイ

小野ユージン

この本を開く

欲望の体制―現代文明の描像―

現代という時代を〈欲望の氾濫の時代〉とみて、そこでの自然、人間、歴史、大衆、国家などの像を批判的に叙述する現代文明論。自然の略奪、根源性を喪失した人間、歴史の喪失、大衆の氾濫、欲望の機関としての国家、膨張する体制、量の支配などについて考察する。(〈生命の哲学〉コレクション6.『現代とはどのような時代...

小林 道憲

この本を開く

現代国家論―試練に立つ共同体としての国家―

現代国家を自由主義と全体主義に分け、その構造を記述しながら、国家はどうあるべきか、国家とは何か、国家と倫理、政治と倫理、国家の理想、国家の堕落などについて考える。(〈生命の哲学〉コレクション6.『現代とはどのような時代なのか』ミネルヴァ書房 2017年 所収)

小林 道憲

試し読みを開く

東日本大震災と大東亜戦争

 是非、若い方にも読んで欲しい一冊に仕上げてみた。教科書ではわからない近代史の裏側、影の世界勢力の存在を描いてみた。ところで、東日本大震災で自分の人生を見つめ直したという人も多いのではないだろうか。皆様は日本に友好的な国といったら、どこの国を思い浮かぶだろうか。大震災で巨額の義捐金を寄せていただいた...

夏井ドック

試し読みを開く

相次ぐ挑発に対して

「北朝鮮の脅威」の第2弾・続編です。概要については本編でご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

民主主義は虚構だ!

 「民主主義は虚構だ!」は四つの章から成っています。第一章国家には独裁者が必要だ 民主主義国家が独裁者に取って代わられる原因は、国家の最高指導者が存在する理由にあることを述べています。第二章 なぜ中国は民主化ができないのか 中国のような法の支配が確立されていない国には民主主義が成立しないことを述べて...

mk3224

この本を開く

読書感想文『国体論』第12回第13回合併号

集英社新書刊『国体論(白井聡著)』を読んだ感想です.

茜町春彦
« 前のページ 1 次のページ »