twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:時空

試し読みを開く

~人間横丁~

心太のように透き通る謎の季節が現れ、一人の男にあれこれ言う。男の周りには「現実」という名の舞台が繰り広げられてはいるが、どうも男はそこに「自分の居場所」を見つけられない。そうこうしているうちに男は、いつもの生活から脱線している生活に自分がいることに気づく。虚構のような日々の暮らしに、「謎の季節」はい...

天川裕司

試し読みを開く

『思記』より~『現代日本人』から~

前作の『思記』に同じく、90年代前半から、ずっと書き認めてきた内容です。もの思う葦のように、生活していて思った事を気持ちにそよがせ、そのままを書き綴っています。あなたの気晴らしや、もの思う時に、傍らに置いてやって下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「沖の方まで」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

プリンセス・プラスティック アンサング・アンビエント

女性型女性サイズ時空潮汐力戦艦・シファの決意、そして新たな冒険へ。

米田淳一

試し読みを開く

~回転木馬~

回転してゆく人との歯車・・この車は日常の記憶を越えて、やがては未知の世界へ到達してゆく。どうして人は生きるのか?この果てしない程の疑問の渦に、男と女はやがて悶絶しながら答えを見出す。ドラマといえばドラマであって、夢に蔓延るノンフィクションには、男の気配が女の記憶に捕らわれ始める・・。

天川裕司

試し読みを開く

~新春の彼方に…~

新春を経たある日、「俺」は過去の記憶を辿って理想の人と旅に時間の出る。「時間」は二人にとってあるようでないようで、まるで過去か現在かわからないような、暗雲の境地を映していった。虚無や人間模様の不確かさを認め、やがて「俺」は理想の人から離れ、自身の存在理由に気づき始める・・・

天川裕司

試し読みを開く

~戦前~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~灯篭~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~豚足~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~刹那の快楽~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~咄嗟~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~小顔で小柄な妻~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~坩堝~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

リフレイン

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~クリスマスの夜~

クリスマスの夜に、ある少年から老人が不思議な夢をみた。その夢は、まるで現実に起きる数多の出来事を、「その時点」から言い当てるようにコロコロ転がり、果ては〝少年から老人〟の足元を、所々仄かに照らしてゆく…。幻想仕立ての現実を前に、人の記憶はどうして……

天川裕司

試し読みを開く

~作家に懐いた記憶喪失~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

五人戦記

「戦国の世。何千もの武士を犠牲にし、なお歯の立たぬ敵があった。それは、戦で戦うべき武士などではなく、この国に古くから棲む物の怪であった。」物の怪を倒すため、五人の若者が時空を超え、昭和へと旅立つ物語です。The age of civil wars. Formidable enemy that doe...

盛留真悟_ALGI Products

試し読みを開く

~猫と空を飛んだ日~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~夫々の空間~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

ムラサキ 三人と戦艦

「風間唯人、森野浩平、SAYURI。各々、主人公級の彼らがピクニックへ出た。閑散とした村に泊まる三人。真夜中、紫の霧が発生。朝になると、村人の様子がおかしくなっていた。」紅い宝石シリーズ「ムラサキ」原題では第一話でしたがムラサキには話の前後があんまりないのでタイトル変更しました。。

盛留真悟_ALGI Products
« 前のページ 1 2