twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:映画

この本を開く

無料版『渇き。』裏パンフ Freak vol.1

実名映画レビューサイトFreak!監修による映画裏パンフシリーズ第一弾!栄えある第一弾は中島哲也監督による映画『渇き。』。Freak!のプロレビュアー達が容赦なく作品をメッタ切り。レビューの他にも中島作品のクロスレビューや、『渇き。』徹底分析等、100ページを超える内容にまでふくれあがりました。是非...

freakbook

試し読みを開く

文芸あによめ (長谷川町蔵の文章2001〜2004)

個人サイトに2001年から2004年にかけて書いた文章を再編集したものです。(著者分の売上げは、日本赤十字社に寄付されます。)

machizo3000

この本を開く

フリーペーパー『創星』6号

小説、短歌、マンガ、エッセイ、サブカル対談など、あらゆるジャンルの作品が無料で読めます。6号は児童文学を書かれている、しなおかななしさんが投稿してくれました。

星屑書房

この本を開く

映画に宛てたラブレター2012

2012年に私が映画館で鑑賞した映画のレビュー集完成版です。8,700閲覧突破しました.(2018/7/19)各作品5点満点の採点付き。なお、映画の感想、採点はあくまで私の独断と偏見によりますのでご了承下さい。レンタルビデオ店で映画DVDを借りるときのご参考にでもして頂ければ嬉しいです。

天見谷行人

この本を開く

映画に宛てたラブレター2013•8月号

先月劇場で鑑賞した「エンド・オブ・ホワイトハウス/さよなら渓谷/コン・ティキ/風立ちぬ」のレビュー集です。毎月5日発行。作品毎に私の独断と偏見に基づく採点付き。映画予告編のアドレス付きです

天見谷行人

この本を開く

シネマズライフ-cinemaz-life-48号

インターネットでも読めるミニコミ誌です。映画 (シネマ 評論 感想)のコラムです。【映画の風景 日本の風景】『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』映画紹介は『復讐するは我にあり』BS・CSオンエア映画紹介、今回は『ブロークバック・マウンテン』『なくもんか』です。

貴樹 諒音

この本を開く

映画に宛てたラブレター2014・1月号

昨年12月に劇場で鑑賞した映画「キャプテン・フィリップス/利休にたずねよ/ゼロ・グラビティ/永遠の0/ハンナ・アーレント」のレビュー集です。毎月5日発行。作品毎に私の独断と偏見に基づく採点付き。映画予告編のアドレス付きです。

天見谷行人

この本を開く

神聖かまってちゃんとアメイジング・スパイダーマン2 ――《 愛されなかったすべてのふつうの者たちへ 》

《 リア充なんて出てこない / 好きって言えない男 / 愛がよく分からない者たちにたいする回答/ 「自分を愛さなきゃ人も愛せない」なんてクソくらえ/ 希望を与えるのではなく希望そのものになる 方法 / / 》

スーパーどん底タイム

この本を開く

神聖かまってちゃんと秋葉原無差別連続殺傷事件―――確認されない死のなかで

《 頭皮の内部二.三ミリに男性は人生のすべてをかけている/ 二〇〇八年に秋葉原無差別殺傷/マーティンスコッセシ『タクシードライバー』/絶対触れてくれるなよ、殺すぞ!という暗黒狂気/メディアに出るのではなくメディアそのものになる神聖かまってちゃん 》神聖かまってちゃんと秋葉原無差別連続殺傷事件―――確...

スーパーどん底タイム

この本を開く

2015・3月号映画に宛てたラブレター

2015年2月に鑑賞した「繕い裁つ人/ANNIE/アニー/マエストロ!/アメリカン・スナイパー/深夜食堂」の映画レビュー集を公開しました。毎月5日発行。作品毎に私の独断と偏見に基づく採点付き。映画予告編のアドレス付きです。

天見谷行人

試し読みを開く

~悪戦苦闘~

人間関係に疲れた男が、日常の波紋から逃れて「自分の空間」へと忍び込む。俗世間との隔絶を決意した男は、その日から「人間関係の正体」に興味を持ち始め、やがては自分なりの「人間の正体」を見つけ出す。男には恋人がいたが、恋人との結末も壮絶なもの。この男女の結末とは・・・

天川裕司

試し読みを開く

~怪物~

人が持つ「怪物」とは何なのか?カイブツ、、、その言葉通りに姿を追えば、つくづく、自分の内にも居るような気がする。あなたが怖がるカイブツ、またはあなたが居てほしいと思えるカイブツを思い描いて、読んでみて下さい。

天川裕司

試し読みを開く

『思記(しき)』より

これまでにつらつらと書き綴ってきた思想文です。20年以上の歳月をかけて書き溜めてきたのでまだまだありますが、その内の一角をご紹介したいと思います。できればシリーズ化してみたいと思いますので、宜しかったらお暇なときにでも読んで下さい。それでは…

天川裕司

この本を開く

古今東西甘味事情

私の隣人、西原さんはどうも変だ。お菓子をこよなく愛する彼の趣味は各地の銘菓収集、それからコンビニでの新作菓子チェック。そんな彼と彼の飼い猫の正体は…? 西原さんと彼の猫 八つ橋、そして女子大生の「私」のまったりのんびり異文化コミュニケーション。現代ほのぼのSFT(すこし・ふしぎ・ティータイム)連作短...

立田

この本を開く

パパが見た映画365本(上)

映画感想文集です。気軽にお読みいただければいいかと思いますが、ネタばれ記述もあったりしますので、未見でこれから見ようかなって思っておられる作品の記述はとばし読みしていただくことをお勧めいたしまする。励みになりますので、コメントお気軽に、よろしくお願いしますね。

磐田 匠

この本を開く

独白[SFP0033]

8月2日公開。映画館の闇の中に身を沈めると、それがどこの映画館であっても、ひととき自分だけの心の旅が始まる。そんな体験をしたことがある人なら、この話の気分はわかってもらえるのではないでしょうか。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を...

hirotakashina

この本を開く

映画に宛てたラブレター2013•7月号

先月鑑賞した「オブリビオン/奇跡のリンゴ/ローマでアモーレ/華麗なるギャツビー」のレビューです。これからも毎月5日発行致します。作品毎に私の独断と偏見に基づく採点付き。映画予告編のアドレス付きです。

天見谷行人

この本を開く

風立ちぬと神聖かまってちゃん ~「美しさ」を獲得するための男のウソ

風立ちぬと神聖かまってちゃん ~「美しさ」を獲得するための愛と憎悪の物語本文抜《二郎は狂っている/社会的価値観からズレ/天才的な詐欺師/菜穂子の真意/夢をもつことの残酷/表現とは内蔵をみせること/ウソはついていい/クリエイター映画/リンダリンダ以来の表現を行った神聖かまってちゃん》語って欲しいバンド...

スーパーどん底タイム

試し読みを開く

午前三時半の珈琲ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ

時々蝶のようにとまれたら の著者 飛来はゆく がお届けする 三話連載型地球エッセイ 

飛来はゆく

この本を開く

THE BEST Irregular village branch-off edition

月間50万PVブログ『YU@Kの不定期村』の出張版。数分で読めるエッセイや映画のレビューなど、アクセスを集めた人気記事11編の加筆修正+新規書き下ろし10編の計21編(累計10万字以上)、さらに総勢12人による挿絵イラスト20点以上を収録。ちょっとしたスキマ時間の暇つぶしにご活用ください。【収録エッ...

YU@K
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10