twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:日記

試し読みを開く

天国の蓮とラブ

★PDFページ数(38P)★ 2017年8月22日ラブは天寿をまっとうしました。蓮はまだまだ。 二匹の犬と共に暮らす竹内家一家の様子を描いた明るい物語。主人公・竹内豊がペットショップで出会ったキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの蓮とラブ。この二匹を一家はこの上なく大切に育て、愛します。 ...

三輪たかし

この本を開く

いつかの昨日 ―花の巻―

日々つらつらと書きつづっている日記をまとめたものです。オンラインで公開しているものに写真を加えたり、電書版だけの追記を編集して加えています。まとめて読み返すには電書のほうが便利かもしれませんね。価格はけっこう挑戦的で1000円にしてみました。100日分の日記なので、ひとつ10円と考えてその価値がある...

河野 武

この本を開く

日々をキリバリ その弐

この本は私のブログ『日々をキリバリ』の電子書籍版である。 なんと言うことのない、どこにでもいる青年の日常と成長が描かれている。。。 だがしかし、普通の青年の日記と侮るなかれ。何の変哲もない青年の日常でも面白いのだ。 誰かの生活を疑似体験できるというのはなかなかない出来事だし、私自身では気づけない面...

三条祭

この本を開く

復活・絵描きのだめだめつぶやき

描きたいときに何となく描いてなんとなく仕事してなんとなく生きている人間のおかしなつづり。前回公開停止にしたものはそのまま公開停止中。絵柄がいきなり変わります。というか絵柄がいくつかあります。自主制作ゲームしたりしてます。

香吾悠理(エビル)

この本を開く

あやまり堂日記 in パブー

適当に書きためてみたいと思いました。何てことのない日記ですよ。

あやまり堂

この本を開く

【ウチノコヨロコブPJ】4コマ漫画制作日記

“子どものためのものづくり”をキーワードに創作活動を行っている『ウチノコヨロコブプロジェクト』です。プロジェクトといっても大きな企業の大規模なものではなく、PaoPaoとMame、2人のお母さんを中心として展開している手づくり企画です。プロジェクトの制作日記をアメーバーブログ(http://ameb...

ウチノコヨロコブPJ

この本を開く

日常

日常。日記のような。日々のような。日。一つ線が増えたら、目になる。日常の話ではなく、単なる日常。

伊藤佑弥

試し読みを開く

日々をキリバリ その弐

この本は私のブログ『日々をキリバリ』の電子書籍版である。なんと言うことのない、どこにでもいる青年の日常と成長が描かれている。。。 だがしかし、普通の青年の日記と侮るなかれ。何の変哲もない青年の日常でも面白いのだ。誰かの生活を疑似体験できるというのはなかなかない出来事だし、私自身では気づけない面白み...

三条祭

この本を開く

私は相談/実験をします

一人の大切なお友達に、おまじないも交えて相談に乗りました。

香吾悠理(エビル)

この本を開く

レプリカ

博物館。立ち入り禁止と書かれていた地下展示室へ下りて行った潤一は、そこで展示品の少女と出会う。立て看板には、「人間 ―少女―(レプリカ)」と記されていた――。

片桐奈菜

試し読みを開く

思記~「灰汁」から~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

路上日記

あるギター弾きの路上の記録。短編オムニバスです。

加賀ヒロツグ

この本を開く

マンホールに恋する旅人たち 試し読み版

マンホール写真で綴る旅日記。行ったことのない場所へ行くのが好き。見たことのないものを見るのが好き。食べたことのないものを食べるのが好き。行き当たりばったりの彷徨を楽しむ著者は、ある日小さな島でタコの絵に出会います。円の中に土地のドラマが詰まったマンホール。その多彩なデザインに魅了されて日本全国への旅...

さしだせいか

この本を開く

日々をキリバリ

この本は私のブログ『日々をキリバリ』の電子書籍版である。なんと言うことのない、どこにでもいる青年の日常と成長が描かれている。。。だがしかし、普通の青年の日記と侮るなかれ。何の変哲もない青年の日常でも面白いのだ。誰かの生活を疑似体験できるというのはなかなかない出来事だし、私自身では気づけない面白みや...

三条祭

試し読みを開く

こんなエッセイは、いかがですか?

猫好きな著者の電気太郎のユーモア溢れるエッセイ集。初めての人間ドック、初めてのアルバイト、テレビにチラチラ映ったお話など。笑えます。

電気太郎

この本を開く

空前の「純文学」ブーム

かつて「純文学の規範」と呼ばれた、いわゆる「私小説」と「心境小説」を彷彿(ほうふつ)させるだけでなく、過去の作品群と並べても遜色(そんしょく)がないものが、ネット上で毎日生み出されている。一方で、出版物として「私小説」が販売されるのがほぼ不可能になっている現状がある。この現象に光を当て、新しい「純文...

星野廉

この本を開く

絵を描くひとになりたかった

絵と随筆。わたくしごと。

すずはら なずな

この本を開く

絵を描くひとになりたかったⅡ

いろんな人に出会った。私のこと、誰かのこと。

すずはら なずな

この本を開く

愛着障害の女子の日記

愛着障害、うつ病(疑い含む)の女子の日常、入院ブログを本にしたノンフィクションです。

riri16ka

この本を開く

戦前生まれの平成日記(1)

-著者メッセージ-戦前生まれの男女はIT社会に直面して驚いたり喜んだり。戦前生まれの男女がいまの時代をどう生きるべきかを考えます。世の中はあわただしく動いているけど、作家は家で静かに暮らしています。大して忙しくもなく、アクビが連続して出るほどヒマでもない。バランスのとれた心理状態です。しがらみのない...

阿部牧郎
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7