twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:懐かしさ

この本を開く

コーイチ

オークションで購入した真空管ラジオが奇跡的なできごとにつながる。(400字詰原稿用紙42枚程・短編小説)

大和田光也

試し読みを開く

~続・ハリー・ポッターの世界~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~夕暮れの背中~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~命の幻(ゆめ)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~母と〝彼女〟~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

『懐かしさ』は発展の源泉である

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「カートゥーン」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~津波~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~忘年会~

夢の中で、元職場の忘年会へ来ていた。ひとしきり楽しんだあと帰路につくと、自分の前を知らないようで知っている女の子がいる。「はて?どこかで見たような…」と思っているうちに、身の回りの環境がとつぜん変わり出した。

天川裕司

試し読みを開く

~盗癖~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

青森県人の気骨と、昭和のはじめの世相について

青森県人の気風とはいかなるものだろうか? わたしは青森で生まれ、東京で育った。たしかにわたしのバックグラウンドは東京にあるが、その背骨というべきは、青森の風土から先祖代々、わたしの血肉のなかに涵養されてきた「じょっぱり」なのだ。では、「じょっぱり」とは何なのか。お話をしてみたいし、ふるさとの水が産...

koberyo1

試し読みを開く

~蹂躙に仕舞い込んだ春の追憶~

初春に紛れ込んだ「自分の記憶」・・見たこともない枯葉のように、落ち葉の裏側へ消えていった。「大切な人」が、自分の背後にいること。これに気付いた彼と彼女は、いつしか卒業してゆく人生について瞑想し始めた。

天川裕司
« 前のページ 1 次のページ »