twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:心療内科

この本を開く

うつで品川心療内科に通って3ヶ月までの本

品川心療内科で使用している「うつで品川心療内科に通って3ヶ月までの本」です。うつ病の治療の最初の3ヶ月でどうすればいいのか、注意点は何か、説明があります。その他、双極性障害について、性格障害について、まとまった説明があります。

品川心療内科編集室

この本を開く

普通

短い詩です。まずは読んでみてくださいm(__)m

mibuki_mei

この本を開く

Locus~生きる、と言う事~

昔から、発達障害で周りと馴染めなかった日々。それでも夢ってのがあって、頭悪いけど頑張って勉強して念願の学校に通い、就職までして…10年間、頑張ってきた。その末に何一つ報われなかったイチの人生。心身的な事に関するエッセイなので、興味のある方は是非読んでください。

イチ

この本を開く

『絆』の素はメンタル疾患

本作品は著者がメンタル疾患との闘いを通じて得た『絆(きずな)』という「気付き」を得るに至った背景について、現在も日々書き綴っているブログ記事の一旦を紹介したものです。普段は意識することすらなかったかもしれない大切な言葉。その言葉の意義を通じて、何かしらの「気付き」を感じて頂ければ幸いです。メンタル疾...

takumi626

この本を開く

思春期外来(息子の受診経験を通じて)

本作品は子を持つ著者の経験談を通じて、多感な思春期の子供達のメンタル疾患に対する現実の厳しさ、日常のコミュニケーションの大切さを綴った作品です。ブログ記事においてコラムとして取り上げましたが、子を持つ親御さん達に1人でも多く現実を知って欲しいとの願いから電子書籍として若干、加筆・修正を加えて公開致し...

takumi626

この本を開く

「心の病」の1人の罹患者としての悩み

本作品は「心の病」と日々闘病生活を続けている著者がブログに綴った記事の1つです。「1人の罹患者」として著者の葛藤を描いていますが、「心の病」と闘病を続けている方々が少なからず抱いている共通の想いと言っても過言ではないでしょう。そんな「心の病」の罹患者の想いを広く知って頂ければと切に願い、電子書籍とし...

takumi626

この本を開く

『ありがとう』…5文字の言葉に込められた想い

本作品は「心の病」と日々闘病生活を続けている著者がブログに綴った記事の1つです。発病してから3年近くの歳月が流れようとしている今日この頃。発病当初と比較すれば、見違えるように回復してきていますが、今もなお、突如襲い掛かる『孤独感』との闘いを余儀なくされています。そんな著者が家族の支えにより、心が癒さ...

takumi626

この本を開く

『逃亡した午後』…「闘病」に休みなし

本作品は「心の病」と日々闘病生活を続けている著者がブログに綴った記事の1つです。発病してから3年近くの歳月が流れようとしている今日この頃。今もなお、自分自身との葛藤のなか、ゴールの見えない闘病生活が日々続いています。「仕事をして、収入を得て、休暇は思い切り楽しく過ごす」一見すると「当たり前」の平凡な...

takumi626

この本を開く

『父親として』…見せ続けた背中は勇気?

私が日々を綴っているブログのある日の記事になります。出来ることなら避けて通りたい「心の病」。私の息子は誰にも打ち明ける勇気さえ持つことが叶わなかった幼少期の辛い出来事が発端となり、高校生となった今、「心の病」と闘っています。親子を襲った悲しい「心の病」。でも、1つだけ言えることがありました。「経験者...

takumi626

この本を開く

品川心療内科・心療内科学入門・精神医学入門

初心者精神医学

品川心療内科編集室

試し読みを開く

漫画でわかる心療内科のまとめ

まとめています

大森拓也

試し読みを開く

あなたの心の辛さが3日で癒える方法

たったこれだけで回復するとは?!!著者 私自身(市川)が心理的な病になりました。いろいろと心理療法を試しました。しかし、なかなか癒えない。心理的にひん死の状態の毎日。心理的病いが回復する方法を探し出会ったものをやってみるとなんと3分で全快し癒えました。私自身も驚く。その体験事例をまる見せします!画期...

たかっち

試し読みを開く

アラフォー男子 脱サラ無職になる!

40歳を前に思わず退職を決意!しかし、鬱病を疑われ心療内科に通う羽目にあったり、退職後の不安解消のためハローワークへ奔走したりと、ジタバタするものの、退職届はあっさり受理される。退職後、職業訓練学校を卒業するが、行きついたところは投資で日銭を稼ぐ「無職」というカテゴリー。働かずとも生活は出来る。だが...

南戸賀 成和
« 前のページ 1 次のページ »