twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:寓話

試し読みを開く

~おきまりのタケシ~

夢の中でみた数々の残像・・その残像が太陽の光に触れて、見るも無残に明るくなった。心の中から人の形がごろごろ現れ、それぞれ皆が、無秩序に乱れ始める。

天川裕司

この本を開く

Soliton -ソリトン-

【青春、幻想、純文学】地の果てにある貧しい町・末端区にとつじょ現れた未確認生命体のテテは、ギター弾きの少女・イツキを消滅させた。そして町は蝕陽炎(むしばかげろう)と呼ばれる死の霧に飲み込まれてゆく…。彼女に思いを寄せた、バンド仲間のトキとヨーイチが、街を襲った未曾有の危機に立ち上がる。-------...

ケイコモリ

この本を開く

ロメオとレディの寓話

神様が世界を感じる為に作ったモノ。それはロメオという一台の車でした。この世に放たれた無垢な一つの魂は、この楽園でどう生きどう変わっていくのでしょう。ちょっとスピリチュアルな寓話です。

葉山ユタ

試し読みを開く

~若い娘~

「若い娘の肌には余計なものがない」このフレーズをもとに独りの男子が、娘について独自研究を続けていた。ある日、この男子に一人の娘が訪れる。晴れた日の昼下がりのこと。虚空に紡いだ堕天の形が、二人の影を覆っていった。男子は娘に、ある提案をするのだが・・・

天川裕司

この本を開く

サミュエルおじさん[SFP0164]

12月11日公開。Xmasスペシャル!というわけではありませんが四部作の始まりです。これが第一弾。幸せな暮らしを送る成功者が繰り返し見る奇妙な夢。そこには一体どんな意味が?Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超え...

hirotakashina

試し読みを開く

ジェイムズくん

ちいさくて 黒い ジェイムズくん の お話????

Hedwig Candy Pop

この本を開く

走れカタツムリ君

よーい、ドン、して走り出したら、自分はマラソンしているのに隣の走者は100メートル走をやっていた、人生のレースって他人と比べる事は難しいんじゃないか、そんな思いから書いた短編小説第一作です。

天見谷行人

この本を開く

Ariari's Staircase App

This is an e-picture book of the character named Ariari.You can download "Ariari" as PDF or ePub.Please click on "この本を開く"(green co...

makise

この本を開く

自殺台

私なりに感じた社会を小説で表してみました。大きな世界の断片です。

黒犬ちわわ

この本を開く

プノンペンからの便り

極左思想集団の異常性を寓話で表現

柏葉まろみ

この本を開く

アイリス

レアメタルの出土を機に、その精製と輸出で莫大な富を築き独立を果たした小国。先王は何かの為に財産を絶対的な鍵として、生体認証を取り入れた特殊な金庫にて保管を行う。世代が変わり、平穏が続いた小国に危機が訪れる。先王の財を使って危急を乗り越えようとするが……。ファンタジックでありながらリアルな設定と、骨の...

shiroa

この本を開く

鏡の魚

モーグル氏は鏡の国の住人です。鏡の奥から観察したこの世界のちょっとした出来事を、寓話として語ってくれます。そのうち、耳にした5篇を紹介。目次:鏡の魚、釣り人、おじさんの一億円、ワタ氏の寝言、悪魔の尻尾。シリーズ名:モーグルズ・フェイブルズ。

夢遊星人

この本を開く

アイス

<少女が目を覚ますとそこは見たことのない不思議な世界でした。少し不器用なあなたに贈る、心にしまった“愛す”を掘りおこしに行く為のものがたり。>中高生に向けた児童書的なものを目指して書きました。もちろん大人も楽しめるはずです。絵もたくさん入ってます。読み終わった時にはきっと心に届く何かがあるはずです。...

おかもと たくや

この本を開く

双子星 ゴウとマン

双子星だったゴウとマン。その鮮やかな赤と青の色彩。とても仲良しだったはずが、いつしか相敵対する冴えない色合いの星へと変わり始めることに。超短編シリーズの一つ。2010年作。

b-svaha

この本を開く

少年と暗道の影

真っ暗な夜の帰り道に遭遇した「影」からなぞなぞを持ちかけられた少年。外れると、闇に連れて行かれてしまう。果たしてその運命は・・・?

エンジン

この本を開く

銀のかけら流れる川のほとり

少女は今日も川で銀のかけらを拾い集めます。向こう岸で手を振っていた少年が消えた日もその次の日も前の日と同じように……

mio

この本を開く

太陽の猫

童話というか、SF的な寓話?です。20代初期(30年くらい前)だったと思いますが、『かもめのジョナサン』とか『星の王子さま』を意識して書いてました…。

霧樹 里守 (きりぎ・りす)

この本を開く

中心の心臓

「中心の心臓」、「七つの心臓を持つ男」、「パーキングエリア、あるいは魂の休息所」、「黒い影」、「ある男」長短計5編の短篇小説(うち一篇は戯曲)を収録。

村山亮

この本を開く

日本共和国臨時政府「治安警察の謎」

大人向けのWEB絵本です.また、これはフィクションです.実在の人物・団体等には一切関係がありません.

茜町春彦

この本を開く

ぼっち・天の梯子―寓話二題―

長らくお世話になったパブーへの感謝を込めて、ちょっとしんみりした寓話風メルヘンです。

夢遊星人
« 前のページ 1 次のページ »