twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:孤独

試し読みを開く

クリスマスのおくりもの 小さな奇跡の物語「再会(さいかい)」

妻を亡くし、息子も家出した失意の盲目の老人が夢見た家族との再会。それは雪降るクリスマスの夜の奇跡でした…。結末が静かな感動を呼んでいます。英語版の『SAIKAI-Reunion』も同時発売中です。日本語版と英語版を合わせて読めば、英語の勉強にも使えます。

高橋正和 Masakazu Takahashi

この本を開く

ひとりじゃない

【小・中学生向け図書】 四編の作品に出てくる人や生き物たちは、みんなひとりでは生きられないものばかりです。助け合う。協力し合う。ゆずり合う。手をつなぎ合う――。そうやって、みんなは生きているのです。 自分はひとりじゃない。ほかの人や生き物たちも、ひとりで生きているのではない。みんなが命というもので、...

星野廉

この本を開く

NOT BREAK

孤独を生きたありふれた男がついに手に入れた家庭の幸福。美しい妻。そしてたった一人の娘。けれども、月日とともに妻とのすれ違いは大きくなり、男は娘の涙と微笑みを見ながら愛について独白を重ねていく。

朝森 顕

この本を開く

ダメな男は、いつでも、ハードボイルド

ありふれた二十代の男は何を考えて生きているのだろうか?まるで特別ではない人間の2013年の日記。29才崖っぷちの平凡な男の大したことのないつぶやきと日々の雑感、一覧。まるで無料というのが本当に似つかわしい言葉の一群です。

朝森 顕

試し読みを開く

~過去からの風~

風が吹くのは自然のこと。緑豊かな夢の内には、模造が飛び込む虚ろがあった・・虚無と光の幻想から見た、遠い宇宙の広さは、人の鼓動に膨大なる呼吸を呼んだ。

天川裕司

試し読みを開く

~琴~

琴に込められた無性の哀しさ・・・それはある女性から出た、春琴にみられた哀しさでもある。無秩序に並びたてられた「人の孤独」というものは、また無秩序を装い、人の見知らぬ「宇宙の果て」まで帰還していく。男と女。男女に塗られた木漏れ日から得た残像は、ふっと、命を知らない乳児を生んだ・・・

天川裕司

試し読みを開く

『思記(しき)』より

これまでにつらつらと書き綴ってきた思想文です。20年以上の歳月をかけて書き溜めてきたのでまだまだありますが、その内の一角をご紹介したいと思います。できればシリーズ化してみたいと思いますので、宜しかったらお暇なときにでも読んで下さい。それでは…

天川裕司

試し読みを開く

~妻君(さいくん)の譲渡~

妻はどこかへ、夫はここに・・・残された経過の在り処は人の背後に移って行った。夫には借金があり、仕方なく妻を見知らぬ誰かに譲るのであるが、譲る直前、妻の表情(かお)は別人のものに変わっていた。

天川裕司

試し読みを開く

エメラルドの消滅

宝石箱にはそれぞれの個性が詰まっていた。その箱を管理するのは親方。この親方は、年中サーカスを催す町の名士。だけどそれぞれの宝石は、この親方を嫌うものと好きなものに分れてしまう。その個性のうちにエメラルドが居り、このエメラルドは一人単独での出世を目論んでいた。エメラルドは、姉さん的な存在のモルガナイト...

天川裕司

試し読みを開く

~商談~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~小春日和の俺の無心~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~昇り調子~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~職場仲間~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~人間横丁~

心太のように透き通る謎の季節が現れ、一人の男にあれこれ言う。男の周りには「現実」という名の舞台が繰り広げられてはいるが、どうも男はそこに「自分の居場所」を見つけられない。そうこうしているうちに男は、いつもの生活から脱線している生活に自分がいることに気づく。虚構のような日々の暮らしに、「謎の季節」はい...

天川裕司

試し読みを開く

~生~

勇気と無謀はどこが違うのか?生きることと死ぬことはどこが違うのか?人と動物とはどこが違うのか?人はいま目に見えている自然を、本当に把握できているのだろうか?信じることと知っていることは果して同一のものなのか?生きる上での覚悟が如実に語られる。

天川裕司

試し読みを開く

~続・ハリー・ポッターの世界~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~虫の庭~

場面がさまざまに展開してゆく男の周りで、「毒虫が沢山入った水槽」が急に現れる。男は自分の部屋で妄想に耽っていた。その部屋にその大きな水槽がどでんとあり、水槽はちょうど部屋の出口をふさぐ形であった。虫と人間との闘いが段々始まってゆく…。

天川裕司

試し読みを開く

~鉄の悶心(もんしん)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~有美(ありみ)~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~夕暮れの背中~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司
« 前のページ 1 2 3 4 5 6