twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:娘

試し読みを開く

月下美人

運命の花になぞられた珠玉の愛――家族の絆を問う、至極の感動作。木島康司は絶頂であった。最良の妻と最愛の娘、仕事では数々の殊勲を積み重ね、彼の人生には今まさに輝かしい赤絨毯が敷かれようとしていた。そんな矢先、軽はずみな盲動が悲劇を招く。大切なものを無くした男は……。

茜一矢

試し読みを開く

月下美人~下巻

純白の愛――運命の花になぞられた家族の絆。その行方は?不慮の事故で最愛の娘を失った木島康司。事故の禍根を巡って崩壊していく家族の絆。ひたすらに現実から目を背け、虚構の殻に閉じこもった男。そして、悲劇は繰り返される。驚愕の真実が明かされるとき、喪心の男は・・・。

茜一矢

この本を開く

NOT BREAK

孤独を生きたありふれた男がついに手に入れた家庭の幸福。美しい妻。そしてたった一人の娘。けれども、月日とともに妻とのすれ違いは大きくなり、男は娘の涙と微笑みを見ながら愛について独白を重ねていく。

朝森 顕

試し読みを開く

~夕暮れの背中~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~母と〝彼女〟~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

試し読みを開く

~若い娘~

「若い娘の肌には余計なものがない」このフレーズをもとに独りの男子が、娘について独自研究を続けていた。ある日、この男子に一人の娘が訪れる。晴れた日の昼下がりのこと。虚空に紡いだ堕天の形が、二人の影を覆っていった。男子は娘に、ある提案をするのだが・・・

天川裕司

この本を開く

いとおしい日々 ~ むすめへ ~

娘たちとの、ささやかな幸せを綴った詩です。拙い詩ではありますが、お楽しみください。2012/7/24 「みずあそび」の一部を修正いたしました。2012/8/27 [むすめへ]を練り直すべく、掲載を中止しています。

清瀬ちこ

試し読みを開く

愛と苦しみの果てに  ・・・・・・ (タテ読みです)

ひょっとすれば、こういう人生があるのかも知れない。 一人の女性に、二人の男。 最後に男は理解しあえるだろうか?  愛は深い、しかし苦しみはもっと深い。

鮎風遊

この本を開く

振り向けばせつなくて

12年前に亡くなった娘が、ある日突然、目の前に現れた。戸惑う…家族は娘を受け入れていた。おかしくなったのは自分なのか? 娘のいる生活に慣れ始めた頃に、新しい現実があらわれる。ちょっと切ない、小さな物語。

君島恒星

試し読みを開く

フェアウェイの彼方へ(上)

 森祐司(もりゆうじ)は将来を嘱望されたゴルファーだった。アマチュアの名だたる大会を総なめし、プロ転向を誰もが疑わなかった。そんな中、忽然と表舞台から姿を消す。あらゆる憶測が乱れ飛び、マスコミは「失踪」と取り立てた。風化していく裕司……その裕司を献身的に支える美奈子。 商社マンとして再スタートした...

Y.F キーパー

この本を開く

ママと呼びなさい!

離婚した妻のもとから15年ぶりに父親の所へ引っ越して来た一人娘が目にした光景は・・・15年ぶりに再会した父親が女性に?

zonbitan

この本を開く

6ケ月~父と娘の最後の時間~

54歳の若さで癌で亡くなった父。亡くなる最後の6ケ月間、入院していた父に付き添っていた著者が、父への想いをまとめた作品。

rankoshi

試し読みを開く

未知しるべ

香典詐欺を繰り返す勇治が、最後の仕事と向かった先に、驚くべき事実と出くわした。

reirei917

試し読みを開く

乾いた眼

愛人として過ごした母のしめくくりは貫愛か復讐か。娘有佳は母を理解できたのか。一体、有佳の父親はどちらなのか。さまざまなからくりに踊らされます。

reirei917

試し読みを開く

こたつの中での秘め事(義父×娘)

四十歳の義父と小学五年生の娘のロリータR18官能小説

月宮魅艶

試し読みを開く

じょぷりんの奇妙キテレツな夢日記 その3

じょぷりんの奇妙キテレツな夢日記。シリーズその3

素骨董序歩林

試し読みを開く

~蹂躙に仕舞い込んだ春の追憶~

初春に紛れ込んだ「自分の記憶」・・見たこともない枯葉のように、落ち葉の裏側へ消えていった。「大切な人」が、自分の背後にいること。これに気付いた彼と彼女は、いつしか卒業してゆく人生について瞑想し始めた。

天川裕司

試し読みを開く

思記~「独り」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

2018

2018年間全記事集合体本!例外以外の発気まぐれ文+年間全記事集合体本とは別の単独更新本の更新内容は除く!

heart-o

この本を開く

フィレンツェからの恋文

ある日自分の営むピアノ店にやってきた女性は、数十年前に愛した、幻の婚約者の娘だった!数十年の時を経て、また親子2代に渡って主人公の人生に、鮮やかな陰影を落とす華やかな女性たち。フィレンツェとモーツァルトの音色に載せて綴られる、ロマンチックでドラマチックな愛の物語。

monogatary
« 前のページ 1 2