twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:天皇

試し読みを開く

竜馬外伝 i19 対決・桂小五郎の章

竜馬を宿敵と追い詰める桂小五郎。・・・果たしてその結末は・・・。北辰一刀流を身につけた竜馬と神道無念流の遣い手・桂小五郎が火花を散らす。一方、アメリカ総領事タウンゼント・ハリスが将軍と謁見を果たし、通商を迫る。幕府の決断は、天皇の決断は・・・。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第19章。現代...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i20 戊午の密勅の章

薩摩か、水戸か。孝明天皇を御守りして国を整えるために尊王の各藩が動き出す。・・・しかし幕府とて黙って見てはいない・・・。一方、江戸から帰った竜馬を待っていたのは、土佐の変革であった。竜馬はどう動くべきか・・・。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第20章。現代社会が失った日本の心の復興と善き発...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i21 安政の大獄の章

密勅に係わった者、幕府転覆を謀る者を捕らえよ! 井伊直弼は狂気に満ちていた。その一方で、共闘を求めて水戸藩士が坂本竜馬に迫る。恰も土佐を代表する形になった竜馬は如何なる対応を見せるのか。竜馬の行く道は尊王か、佐幕か、攘夷か、開国か・・・。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第21章。現代社会が...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i22 桜田門外の変の章

幕府転覆を謀った者は生かしておかん! 大老・井伊直弼は凶行に走り、尊皇に生きた者の命が散っていく。それに触発されて、志ある武士が声を上げる。桂小五郎が、武市半平太が・・・。そして己の道を追い求める竜馬は飛び立つ事が出来るのか・・・。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第22章。現代社会が失った...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i23 土佐勤王党の章

水戸、長州、薩摩、土佐。朝廷を中心として尊王の志士が藩の改革のために立ち上がる。久坂玄瑞、高杉晋作、武市半平太・・・。彼等は徳川幕府と対峙する前に、己の属する藩の方向性を正さなければならなかった。尊王か、佐幕か、倒幕か・・・。そして土佐の怨嗟、上士と下士の争いが起こる。竜馬はどう立ち回るのか・・・。...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i24 竜馬飛翔の章

武市瑞山の命を受け、土佐を離れた竜馬には別の目的があった。長州で漸く巡り会った久坂玄瑞との話し合いから何を見つけるのか。そして朝廷と幕府の接近策が進められ、皇女和宮の大行列が江戸に向かう。尊王攘夷の志士は動くのか。日本を正すため、建て直すために彼らは何を企てているのか。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i25 竜馬脱藩の章

草莽崛起の叫びが志士を奮い立たせた。薩摩の上洛に合わせて志士が京へと向かう。そして竜馬も藩を飛び出し、己の意志で動き出す。残された坂本家は・・・。勤王党は土佐を動かすべく起死回生の暗殺を決行する。公武合体した幕府と朝廷に対して、薩長土はどう出るか。日本を正すため、尊王攘夷の志士は、竜馬はどう動くのか...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i26 幕府改革の章

朝廷と雄藩の期待を乗せて幕府を改革させるべく、第一、第二の勅使が江戸城へ向かう。脱藩浪人となった竜馬は独自の行動を起こし、福井藩邸へと向かった。土佐を牛耳る勤王党に対して容堂はどう出るか。異人を許せぬ高杉らは攘夷に走る。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第26章。現代社会が失った人の心、その...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i27 軍艦奉行・勝海舟の章

浪人竜馬は横井小楠と出会い幕府の政事総裁松平春嶽と謁見する機会を得た。幕府の中枢を握る人物の口から、一体どんな言葉が出てくるのか。それは竜馬にどう影響をもたらすのだろうか。竜馬の行動指針を決定付ける、文久2年冬の出来事である。幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第27章。現代社会が失った人の心...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i28 天誅の章

攘夷の志士は暗殺を繰り返す事で、京の町も朝廷内部も掌握していった。軍艦奉行勝海舟の弟子となった脱藩浪人坂本竜馬は幕船で関西へと向かい、更に京へと上って郷里の仲間と再会する。そして幕府海軍へと誘い始めるものの、攘夷に染まった武市瑞山や勤王党員を果たして説得できるのか。また勤王党内部で新たな動きが起こり...

中祭邦乙

この本を開く

AKB=プロレス=皇室論 ジョーシキに染まったアンチAKBへの宣戦布告(2013.5.7、冒頭に追記とお詫び)

今や1つのジャンル、文化の名前と言ったほうがいい「AKB」 その現象を不思議に思っている多くの国民に向けたAKB論であり、プロレス論。主な目次タイトル:「天皇、プロレス、アイドル 共通する特異な点は何か」「アイドル、プロレスファンこそ現実を直視している人間」「なぜAKBがことさら攻撃されるのか、その...

高橋 慶介

試し読みを開く

竜馬外伝 i31 天皇と将軍の章

竜馬が以蔵を捜して長州と接触していた頃、長州が掌握する京に将軍・家茂が入京する。しかし家茂はまだ二十歳に満たない若者であり、江戸を離れたのも初めてだった。そんな若者に日本の命運を託すのが現状なのか。攘夷を叫ぶ浪士達は命を懸けて天皇の前に跪き、壬生浪士は独自の動きを始める。イギリスとの生麦事件賠償問題...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i32 過激公卿・中山忠光の章

竜馬が航海術の習得に精を出していた頃、京では攘夷の実行に向けて、長州ら攘夷派それぞれの思惑が働いていた。幕府側には攘夷への諦めが拡がり、将軍は恰も人質のように関西に縛られ、賢侯は京を離れ始める。朝廷内でも争いがあり、一人の公家が長州に匿われる。その一方で、未だイギリスの脅威に震えている江戸に向かって...

中祭邦乙

試し読みを開く

竜馬外伝 i33 征韓論の芽生えの章

江戸でイギリスとの賠償交渉が進められている中、将軍家茂は大坂湾の視察に出ていた。勝海舟と坂本竜馬はこの機を利用して海軍の必要性を説得するが・・・。その一方で長州藩は攘夷戦争の準備に余念がなかった。竜馬は江戸、大坂、和歌山、越前と駆け巡るが攘夷期限は一刻一刻と迫る。果たしてイギリス艦隊はどう動くのか。...

中祭邦乙

この本を開く

古事記は出雲が書いた

日本建国・伊勢神宮・古代史・神話・出雲・古事記

中西正矢

試し読みを開く

竜馬外伝 i40 天誅組の変、そして京の政変・長州追放の章

京は尊王攘夷の浪士浪人が溢れていた。その勢いで天皇を動かして倒幕を企てる長州、そして志士と過激公家。越前、薩摩の動きを探りつつ、暗躍する異国の動きにも目を配る竜馬。彼は日本の未来のために命のやり取りを決意する。海軍操練所の完成を急ぐ勝海舟。彼の目指しているのは日本の自立か、それとも・・・。幕末の風雲...

中祭邦乙

この本を開く

竜馬外伝 i43 陸奥宗光の秘密の章

天皇の前で公武が合議する体制で日本は動き出した。その裏側に島津久光があって、中川宮に対抗する人物を担ぎ出す。薩摩憎しの長州藩は再び事件を起こし、薩摩藩を追い込む。徳川幕府も薩摩を危険視していた。京で情勢を探る坂本竜馬は陸奥宗光によって日本歴史の重大事を知らせれ、背負うべき己の使命感に気付かされる。歴...

中祭邦乙

この本を開く

竜馬外伝 i44 有栖川宮の野望の章

公武が合議する参預体制で動き出した朝廷だったが、その背後に薩摩・島津久光の影響力が潜んでいる事を一橋慶喜は面白く思っていなかった。その一方で、朝廷工作に大物を担ぎ出そうと暗躍する長州。朝廷、そして参預会議の行方は・・・。幕府が横浜港の鎖港交渉団を西洋へと送り込んでいる最中、西洋の四カ国艦隊が長州への...

中祭邦乙

この本を開く

「閏」信長  本能寺ノ変の真実!

本能寺の変は、日本の歴史上最も有名な事件の一つである。 しかし、真実が語り尽されたわけではない。 四五〇年ほど前の事件が正確に見えて来ないそれは何故か? 勝者によって書かれた物語に惑わされるからである。 真実の歴史を知るには、その時代を生きた人々の痕跡を探る事から始めないといけないと思う。 伝説では...

岸本 善英

この本を開く

今見えて来る古代! 「倭国の古代史」

(PC&」タブレット用) 日本の古代史は残されている資料が少ないこともあって確たるものに欠ける。歴史学会でも見解が分かれることが多い。日本書紀や古事記の内容は全てを信用するわけにもいかず、考古学の分野では発掘調査に規制や制約がある。どうしても邪馬台国や卑弥呼へ目が行き、大和王権との結びつき、そして中...

岸本 善英
« 前のページ 1 2