twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:命

この本を開く

ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~

ペットショップからある家族のもとへ来た1匹の犬のおはなし。子犬をかわいがる家族の環境は少しずつ変化し、やがて…。現在も毎年16万匹以上の犬や猫が人の手によって殺されています。そんな悲しい世の中で私たちは何不自由なく毎日おいしい食事をして暖かい部屋で眠っています。「命」について今より少し考える時間をも...

kaisei

この本を開く

私がビーガンになった理由

私にとって衝撃的な出来事でした。この年まで何の疑いも無く送ってきた毎日の食事。バランスよく何でも食べるのがいいと思っていました。でも、血圧は高めになり、コレステロール値は上がり、体重も増えてきました。年のせいかと思っていましたが、薬はなるべく飲みたくはないし・・・

baihaku

試し読みを開く

Beautiful Planet

地球上の全ての命に、今日生きている事を感じてほしいです。

りあるあ。

この本を開く

シアワセのカタチ

27年間で考えたこと。大切だと思う事。美しいもの。忘れてはいけないこと。理想と現実。きっとみんなが言葉にせずとも感じたことのある「おもい」をカタチにしてみました。

yumix0513

試し読みを開く

~幻想(ゆめ)の死体安置(モルグ)~

「夢とは創造にあり、個人(ひと)に於いて、永遠に紡ぎ行かれる物語にある。」~読者心得~この夢日記の各題はすべて著者の夢が織り成した物語の一部に在り、一つ一つの夢とは一続きの連想に在る為、この『夢日記』とは未完の長編と成るものである。尚、この「夢」を眠って見る夢と捉えないで頂いて一向に構わない。「夢」...

天川裕司

試し読みを開く

竜馬外伝 i17 武士の矜持と切腹の章

千葉・斎藤・桃井の江戸三大道場が隆盛を極める江戸で、剣士達は土佐藩主催の御前試合に向かってその腕を磨いていた。桶町千葉道場では竜馬が塾頭を任され、桂小五郎、武市半平太らと深い係わりを持っていく。そんな最中、竜馬の従兄弟・山本琢磨が事件を起こし、その命が危ぶまれる。その一方では、日本を狙う西洋諸国の動...

中祭邦乙

この本を開く

A Story of a Dog~A Wish for No More Killing of Animal Companions~

This is a story about a dog that came from a pet shop to be with a certain family. As time passed, circumstances surrounding this family who had love...

kaisei

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー 28

軽井沢バス転落事故、以降もスキーバスはあちこち走り続けている、黙祷を捧げる意味で、今年度は全面休止にしてもいいのではないのか、15人の生命はそんなに軽いのか?               飛来はゆく

飛来はゆく

試し読みを開く

~過去からの風~

風が吹くのは自然のこと。緑豊かな夢の内には、模造が飛び込む虚ろがあった・・虚無と光の幻想から見た、遠い宇宙の広さは、人の鼓動に膨大なる呼吸を呼んだ。

天川裕司

試し読みを開く

~言葉の妙~

言葉は、本当に人に思いを伝えるだけの道具なのだろうか?これまで地球上で、幾憶と紡いで来られた人の言葉は、コミュニケーションという形で扱われてきた。けれど少し見方を変えると、人は独り切りでも言葉を唱えていられる。言霊や文経、いろいろ巧みに扱われている人の言葉は、ある日とつぜん姿を消した。そして言葉をな...

天川裕司

試し読みを開く

『思記(しき)』より

これまでにつらつらと書き綴ってきた思想文です。20年以上の歳月をかけて書き溜めてきたのでまだまだありますが、その内の一角をご紹介したいと思います。できればシリーズ化してみたいと思いますので、宜しかったらお暇なときにでも読んで下さい。それでは…

天川裕司

試し読みを開く

~向上~

生き物は何に向けて向上するのか・・・成長と向上、人が生きて行くにおいてどのように違うのか?精神と肉体の成長と向上について、宇宙からみた「人間の記憶」について物語る。

天川裕司

この本を開く

カゲロウの幻

(以下、ニュアンスで察して頂けると幸いです。2010年12月20日頃に書きました) この小説は、『自殺(しようとした人を止めたが、それが人助けにつながらず)』『命』『SFや笑いの要素もある』という初期に伝え聞いたキーワードを元に、自分ならどう書くか、というチャレンジになっています。 ここしばらくの出...

弦楽器イルカ

この本を開く

いのちのたね

「いのちのたね」が「いのち」について話す物語です。

ななしむし

試し読みを開く

~悪漢~

漢の欲望がどこまでも膨らみ、やがて膨張に限界を知ると、とたんに空気が抜けたように萎んでいく。心に描いた偶像の形は、いつしか既成の悪魔を知った。人が行き交う町並みの風景を、望遠しながら生きる虚無のあり方は、いつしか人にとって「なくてはならない物」となってしまった。見た事も聞いた事もない、信じられない光...

天川裕司

試し読みを開く

~急逝~

概要は、本編を読まれ、あなた自身の目でご確認ください。

天川裕司

試し読みを開く

~空砲~

ある日、江戸の町に返った男は、自分の親友のような男に出会う。二人は何気に意気投合するが、どこからか聞こえてくる、あるいは感じる、「クウホウ」のような衝撃と音を知った。「どこかで馬鹿な殿様が、無法に人を殺害している・・」そんな噂を心の中で知った二人は、すぐさまその殿様の暴君ぶりをいさめようと、その殿様...

天川裕司

試し読みを開く

~光の中に消えた日航一二三便と父の顔~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

蜻蛉(とんぼ)

蜻蛉は力の限り生きた

STAYFREE

この本を開く

瀬戸物のポンタ

町の喧噪につられて町にやってきた子狸のポンタは犬に追われて逃げるために酒屋の店先の狸の置物に化けた。でも、幼いポンタは化けたものの元の体に戻る方法を知らなかった。そのまま酒屋の店先にいて、元の体に戻れないことを悲しんだり、行き交う人々に腹立たしさを向けて、人を憎んだり蔑んだり。そんな中で、ポンタは自...

塚越広治
« 前のページ 1 2 3