twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:右翼

試し読みを開く

【#11】GROUNDLESS-アリストリア改国戦記-

#11.私が兵隊になった日----------------------------------------------架空世界を舞台としたミリタリー漫画、#11。公開・修正履歴2011.12/3__見開き単頁化、他ちょっと修正__ver1.42011.12/2__見開き単頁化(失敗)__ver1.3...

影待蛍太

この本を開く

愛する人

《これが、愛?こんなものなの?僕たちが求めたものは…》夜の街で生きるしかない青年の愛、生、死。フィリピン人との間に生まれたハーフ《理沙》、美しい彼女はなぜ自死しなければならなかったのか?右翼団体の主催の美青年が企てるクーデター、そして迎える自決のとき。恋愛小説・政治小説・SF小説、他ジャンルを横断す...

Seno Le Ma

この本を開く

シュニトケ、その色彩 上

《わたしは、破壊する。…そう、彼女は言った。》ベトナム、中部の町ダナン。亜熱帯の太陽の下で、ある一家が惨殺された。犯人はその末っ子の少年らしいが…退廃的な日本人女が哄笑し、中国人マフィアは外国人右翼部隊を組織する。画策される国家転覆。首相官邸爆破。そして《私》は、国を売ることを要請されるが…あらゆる...

Seno Le Ma

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 一帖

《人を殺した事がありますか?…その男は、そう言った。》ベトナム中部、亜熱帯の町、ダナン。ある少女の両親が遂げる焼身自殺。日本、ある中国人が組織した外人ばかりの《右翼部隊》。暗躍する男装の女。その首謀者が刺殺されたいう情報が入るが…?そして蘇る、ある日の茶会の静かな、あまりにも静かな風景の記憶。連作《...

Seno Le Ma

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 二帖

《世界を、血に染めてみないか?》外国人ばかりの非合法右翼部隊。血まみれの粛清。退廃を極めた女。そして男装の麗人が暴力団組織を解体する…連作《シュニトケ、その色彩》第五編

Seno Le Ma

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 三帖

《私は、未来のすべてを知っている》ベトナム、中部の町、ダナン市。未来が見えるという謎めいた少女が予言する未来。そして、日本。外国人だらけの《右翼集団》が国会議事堂を占拠する。勃発するクーデター。男装の麗人が銃口を向けて、引き金を引いたのは…。連作のクライマックス。

Seno Le Ma

この本を開く

龍声

《いま、わかったぞ…殉死というこっとの意味が…》連作《シュニトケ、その色彩》インテルメッツォ男装の麗人が組織した外国人だらけの《右翼部隊》山中の合宿で起こる事件、奏でられる龍笛疾走するモーターサイクル。虚構された和の世界に、異邦人たちが跋扈する短編

Seno Le Ma
« 前のページ 1 次のページ »