twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:偶然

試し読みを開く

~おきまりのタケシ~

夢の中でみた数々の残像・・その残像が太陽の光に触れて、見るも無残に明るくなった。心の中から人の形がごろごろ現れ、それぞれ皆が、無秩序に乱れ始める。

天川裕司

試し読みを開く

『思記』より~『現代日本人』から~

前作の『思記』に同じく、90年代前半から、ずっと書き認めてきた内容です。もの思う葦のように、生活していて思った事を気持ちにそよがせ、そのままを書き綴っています。あなたの気晴らしや、もの思う時に、傍らに置いてやって下さい。

天川裕司

この本を開く

お誕生日席[SFP0089]

9月27日公開。これは痛快な作品。お誕生日席にまつわる奇妙な体験をする男の話ですが、あまりごちゃごちゃ書くと読む楽しみがなくなるので、とにかく読んでください。面白いです。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えて...

hirotakashina

この本を開く

インタビュー

著者であるわたくし、せり~ぬ少納言が、ある図書館で出会ったある本に向けて行った突撃インタビューの記録。総合文芸誌『新樹くらぶ』第53号(2011年5・6月号)、特集Ⅰ「偶然」内に掲載の短編。

せり~ぬ少納言

この本を開く

明日には間に合わない 1

今言わないと、今会わないと、明日じゃもう間に合わない。勢いだけじゃないけど、偶然の力とか信じたくなる。そんなお話。その1。

大河内 葵

この本を開く

生命と宇宙

生成流転する世界の洞察を通して、自然を〈生きた自然〉としてとらえ、躍動する生命と宇宙の扉を開く。〈機械〉から〈生命〉へ、21世紀を導く新たな世界観を提示する自然哲学の試み。(〈生命の哲学〉コレクション1.『生きた自然を探求する』ミネルヴァ書房 2016 所収)

小林 道憲

この本を開く

複雑系社会の倫理学

常に変動する社会での行為の意味と価値を考える〈動く倫理学〉の展開。生成変化する社会を複雑系の一つとしてとらえ、そこでの創造的行為に着目し、実践哲学のパラダイムを転換する。(〈生命の哲学〉コレクション2.『動く倫理学を展開する』ミネルヴァ書房 2016 所収)

小林 道憲

この本を開く

新・モナドロジー

存在論、認識論、自然哲学、歴史哲学、実践哲学、宗教哲学にわたる私の今までの思索から、その精髄を抽出し、ライプニッツの『モナドロジー』に倣って要約した要綱集。独自の生命論的世界観から、存在、認識、宇宙、生命、精神、歴史、倫理、宗教などについて考察してきた私の生命哲学の全貌を一瞥する。(〈生命の哲学〉コ...

小林 道憲

この本を開く

生命(いのち)の哲学要項集

今まで著者が展開してきた哲学の著作からその要点を抽出、存在、宇宙、生命、精神、認識、歴史、倫理、宗教にわたる生命(いのち)の哲学の要項集。〔出典『複雑系の哲学』(正・続)『生命と宇宙』『歴史哲学への招待』『複雑系社会の倫理学』『宗教とは何か』(正・続)〕

小林 道憲

この本を開く

自己形成

生命とは、物質をより高度に組織する統合力であり、秩序形成能力であり、自己形成力である。この論文では、この生命の自己形成力が生命活動や進化の中であまねく働き出ている様を見、生命の流れにおける、必然、偶然、自由などの問題を考察している。十九、二十世紀を支配した機械論的世界観から、生命論的世界観への転換を...

小林 道憲

この本を開く

芸術制作の現場からー創作者の立場

人間にとって芸術とは何か、人はなぜ表現するのか。芸術は、根源的生命から現われ出てくる出来事であり、再創造であり、再現前化である。この論文は、特に芸術制作の現場における身体の問題などに着目し、芸術創作の作りつつ見る働きを取り出し、創作者の立場から芸術の根源を探ろうとするものである。芸術の本質を生命の表...

小林 道憲

この本を開く

歴史哲学への招待

世界史と日本史の豊富な事例から〈生きた歴史〉の新たな見方を提示する。歴史は過去の出来事の羅列ではない。歴史は生きものだ。生命パラダイムから新しい歴史の見方を提示する歴史哲学。E・H・カーの歴史観を乗り越え、歴史を学び、研究する人たちのための入門書。(『歴史哲学への招待』ミネルヴァ書房刊 2013年)

小林 道憲
« 前のページ 1 次のページ »