twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:たくきよしみつ

試し読みを開く

新・マリアの父親(縦書きバージョン)

1991年第四回「小説すばる新人賞」受賞作品『マリアの父親』(たくき よしみつ)の改訂新版。福島原発人災が起きる20年以上前に書かれたこの作品は、原子力エネルギー問題をエントロピー論で考えるという視点をエンターテインメント作品のテーマとして扱うという極めてユニークな試みの作品だった。選考委員の一人・...

たくき よしみつ

この本を開く

『鐸の音流るる丘に』 第一章

四半世紀を経て、仕事場天井裏から発掘された たくき よしみつ の未発表小説原稿。『マリアの父親』で第四回「小説すばる新人賞」を受賞する2年前の1988年執筆。『マリアの父親』は原発やエネルギー問題を扱った小説だったため、受賞後も派手な宣伝などはされずに埋もれたが、現実に原発が爆発した今になって注目さ...

たくき よしみつ

試し読みを開く

神様Aはベジタリアンだった ─あなたの知らない創世記─

たくき よしみつが『マリアの父親』で小説すばる新人賞を受賞するずっと前、31歳のときに書いた作品。『ざ・びゃいぶる』というタイトルで第四回小説新潮新人賞最終候補作となったが、受賞は逃した。人類はどのようにして誕生したのか、という謎を、軽妙洒脱なフィクションとしてまとめた異色作。

たくき よしみつ

試し読みを開く

数字と確率で実感する「フクシマ」

『裸のフクシマ』、『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』の著者 たくき よしみつ による「フクシマ」シリーズの第3弾。実は、今この程度で済んでいたのは奇跡的な幸運に恵まれた結果だったということを、分かりやすい仮定と確率を使って解き明かす。

たくき よしみつ

試し読みを開く

阿武隈梁山泊外伝

2011年3月の原発爆発時に福島第一原発(イチエフ)から25kmの川内村に暮らしていた作家・たくき よしみつが、全村避難中の村(当時は「緊急時避難準備区域」)に戻って生活を再開しながら書いた『裸のフクシマ』(講談社)は、多くの書評でその的確さ、冷静さ、驚くべき内容について絶賛された。本書はその続編、...

たくき よしみつ
« 前のページ 1 次のページ »