◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作品検索


- カテゴリ:小説・ノンフィクション - ノンフィクション

この本を開く

どうして、ベジタリアンなの?

ブラピやキャメロンやリチャード・キアはどうしてベジタリアンなの?ビートルズやマイケルジャクソンはどうしてベジタリアンなの?アインシュタインやプラトンやダ・ビンチも!?どうしてベジタリアンという生き方を選んだのだろう??ベジタリアンというと、ダイエットのためにやせ我慢している人か厳しい修行をしている人...

もちまい

試し読みを開く

宮城県、山元町復興募金作品「心声―ココヘ―」※収益は町への復興支援に

宮城と福島の県境。亘理郡、山元町から届けます。――3月11日の大震災。防災無線の故障。非常時伝達不備という人災。ダレカを救おうとした命。ダレカから救われた命。全てを呑み込んでいったのは、天を覆った「黒津波」。――小さな町の、大きな悲劇。知って欲しい。助けて欲しい。見捨てないで欲しい。――ただ、あなた...

Dort und Hier

試し読みを開く

「当事者」の時代

私は2009年夏、『2011年新聞・テレビ消滅』(文春新書)という本を上梓し、そのなかでマスメディアがなぜ立ち行かなくなっているのかをビジネス構造の観点から論じた。なぜビジネス的に描いたかと言えば、それまで出回っていたマスメディア論の多くが、「日本の新聞は言論が劣化している」「新聞記者の質が落ちてい...

佐々木俊尚

この本を開く

「真夏の昼の姫展」日記

イラストレーター本人による、ちょっと変わった個展の準備から開催までのレポート。写真豊富です。

46296

この本を開く

心の病に侵されて

人生も絶頂だった。長年生まれることの無かった子供も授かった。しかし、私は鬱病を発症してしまった。鬱病が進行していく過程、自分のなかでの葛藤。そして、支えてくれていた家族への酷い仕打ち……。最近でこそ「鬱病は身近な、誰もがなる病気」と認知されてきたが、実際の鬱病とは想像を絶する傷跡を私の人生に残した。...

渡邊法月

この本を開く

TOKYO WORKER -カバンの中みせて!-

東京で働く男子と女子のカバンの中身のありのままをSHOOT!カバンの中から紐解くそれぞれのWORKERのリアルレポート。ダウンロードはePubよりPDFがオススメです!東北地方太平洋沖地震のチャリティを目的として、2011年4月に、新たに有料ページ3ページを追加しました。本書の売上は全額、寄付されま...

西岡書店(kayop)

この本を開く

グーグルと中国

NHKの番組「視点論点」で話した原稿です。この原稿は活字になったことは一度もないので、試しに電子書籍化してみます。

佐々木俊尚

この本を開く

『さよなら』が言えなくて

あなたと共に歩く隣の存在を大切に.....愛しましょういつもは言えないことを当り前の『ありがとう』を普段は恥ずかしくて言えない大好きも、愛してるも言えなくなる前にあなたの大切な人に 伝えましょう                        『さよなら』よりも、『また会いましょう』         ...

カオル

この本を開く

死ぬって苦しいことなの、パパ?

「お父さん、なに読んでるの」「ヘミングウェイ短篇集」 まだ三十歳の父が、まだ十歳にならない私の質問に答える。パブー第一回エッセイコンテスト応募作品。

山田佳江

この本を開く

漫画家・アシさんに聞いてみた 第2巻 樹崎聖先生編

前作『漫画家・アシさんに聞いてみた』よる早2ヶ月。今回のインタビューは漫画家:樹崎聖先生です!先生への漫画へのこだわり・打ち切り経験談・編集さんとのあれこれ電子書籍への思い・規制表現の是非……他じゃ聞けないお話し盛りだくさんです!是非、ご一読を!

ヒカル

試し読みを開く

裏支配

日本政治の現在の混迷は1976年のロッキード事件に始まる。ロッキード事件を捜査する東京地検特捜部と、逮捕された田中角栄元総理の両方を直接に密着取材した著者が、事件の真相と日本政治の知られざる内幕を取材メモを元に再現したノンフィクションである。著者はロッキード事件を暴露したアメリカ政治にも取材を広げ、...

kokkai

この本を開く

『鞆物語』広島・鞆の浦で綴られる物語り -人の物語り編 #1-

万葉の昔から栄えてきた瀬戸内海の要港・鞆の浦。広島県福山市の南・沼隈半島の先端に位置するこの町は、「潮待ちの港」として、江戸時代にも大いに栄えた国際商業都市でした。朝鮮通信使や千石船の寄港地として日本経済の要を担ったこの鞆の浦には、江戸時代から残る港湾施設や町家が、見事に保存されています。まさに「ニ...

鞆物語

この本を開く

胆嚢摘出入院記

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中心に記録。「胆石症」で手術予定がある人も、そうでない人も、興味がある人にお気軽に手に取っていただきたい一冊です。内容の性質上、胆石の写真や排尿排便関係の話などが含まれています。

STA

この本を開く

コンビーフ

アフリカへの食料援助でコンビーフを送るというストリーです。政府から生産依頼を請けたコンビーフメーカーが依頼内容の度重なる変更に振り回されながら、ひっちゃかめっちゃかなドタバタ対応をしていくというコメディータッチの本当に有りそうなお話です。意外な展開と結末が…

斎藤忍

この本を開く

三番目の猫

二十分の一の1匹で、我が家に来た経緯には諸々の事情が絡まって……いつからか「にゃじら」などと呼ばれているけれどそれすら諸事情があるからなのだ。彼との思い出と日常を愛猫への散文で紹介したいと思う。

猫屋雑猫

この本を開く

とある学生達のメモリーズ

この書籍に手に取って読んでくださり、誠にありがとうございます。本書籍は、尚美学園大学 定平誠教授の研究室に在籍している愉快な仲間達が実際に行われた課外活動での様子を撮影した活動記録、宴会でのオフショットなどを収めたフォトアルバムです。 また、本書籍はPDF形式で作成しています。Epub形式でご覧にな...

appule0123

この本を開く

幼子の親としての原発事故

自分には想像に難しい、もっと厳しい状況の人も多い現実ですが、今後一日も早く、多くの人が安心して安全な状態を築けるように、自分の第一歩として綴らせていただきました。

Osamu Nagasaka

試し読みを開く

女子大生がメイド喫茶に行ってみた【有料版】

ごく普通の感性を持った女子大生の私。数年前から話題になっている「メイド喫茶」に行ってみた。私の目に映った“オタクの世界”とは・・・?

Asuka

この本を開く

南北戦争 ~分離独立を巡る死闘~

 アメリカの南北戦争を概観します。元は2000年1月に発行されたボードウォーゲーム雑誌旧『Game Journal』59号に掲載されたものです。

DSSSM(松浦豊)

この本を開く

小笠原航海記 南の島の航路・路線バス紀行

太平洋の波に一昼夜揺られ続けて上陸した小笠原の父島は、日本の風土とは明らかに異なる無国籍感を漂わせていた。日本本土から1000キロ先、米国領北マリアナ諸島からも遠く離れた洋上に突如現れる30以上の島嶼(とうしょ)は、小笠原村という東京都の一自治体だ。現在人間が生活を営んでいるのは父島と母島の二島だけ...

西村健太郎(鉄道紀行舎)
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10