twitterアカウントでログイン

作品検索


- カテゴリ:小説・ノンフィクション - 詩

この本を開く

今日ぐらい泣いてもいぃ~恋愛詩~

失恋や実らなかった恋愛などに関する様々な女性目線での詩になっています。少し...感傷に浸りましょうか。今日ぐらいは泣いてもいぃ。明日からはきっと新しい自分が歩き始めるんだから...。

カオル

この本を開く

回文フォトブック『よりどりよ』

☆長らくご愛顧ありがとうございました。誠に勝手ながら6月末にて公開終了とさせていただきます。またどこかで皆様にお会いできますように……☆はじめまして。『黒猫文庫』第一弾。羽根弥生(回文)×松本博文(写真)。上から読んでも下から読んでも。すべて写真にあわせて書き下ろした新作回文です。デザイナー・藤田麻...

黒猫文庫

この本を開く

『さよなら』が言えなくて

あなたと共に歩く隣の存在を大切に.....愛しましょういつもは言えないことを当り前の『ありがとう』を普段は恥ずかしくて言えない大好きも、愛してるも言えなくなる前にあなたの大切な人に 伝えましょう                        『さよなら』よりも、『また会いましょう』         ...

カオル

この本を開く

五行画素の情景

五行歌をはじめた2002年から現在までの自作の歌をまとめました。9/13追記。DLした際、白紙のページができてしまっていましたのを直しました。印刷の際、今度のほうがきれいに収まりますので、お手数ですが再DLお願いします。

伊東柚月

この本を開く

男女恋愛模様~恋愛詩~

男女の恋愛。カップル目線で贈ります。幸せも、苦悩も、なんでもあるのが恋愛。●【記念日カレンダー】の写真提供 by:makelessnoise  http://www.flickr.com/photos/makelessnoise/1702448662/より。

カオル

この本を開く

なんたる星4月号

ネット短歌結社「なんたる星」4月号【執筆者】恋をしている・泥ロボ・はだし・スコヲプ・ナイス害・迂回・真匿名

短歌結社「なんたる星」

この本を開く

あなたと一緒 ~恋愛詩~

普通の日常、でもあなたと一緒。何気ない一日のひとコマ...。いろんな幸せを詰め込んだ女性目線の詩をお贈りします。

カオル

この本を開く

ラブソングにさよならを

あれも恋、これも愛。あれも、これも、みんなみんな、恋だった。愛だった。

カオル

この本を開く

まいめろ #6♪

To those who have lost sightof their own ...

この本を開く

黒い灯台~薫の冒険~

夢とも現実ともつかぬ少女の、不思議ながら、心の腑をえぐる冒険譚!

仲 薫(leprechaun)

この本を開く

マリゴールド・ガーデン

これはケイト・グリーナウェイ(1846-1901)が作った「絵と詩」の本になります。デザインも大事な要素なので、できるだけ再現できるよう努めました。ちょっと大変なので、何週かに分けて更新してました。全61ページ、41編の詩が収められております。HTMLエディタから直にCSSを書いて毎ページの絵を背景...

Alz

この本を開く

サンタクロースがやってきた

この絵本は、サンタクロースの登場する古い詩をもとに、アメリカの有名なイラストレーターであるジェシー・ウィルコックス・スミス(1863-1935)が絵をつけたものです。まだサンタの服が赤に決まってなかったころの作品なので、色が違っております。もとの詩ははじめ「トロイ・センチネル」という新聞の1823年...

Alz

この本を開く

空のほとりに

2011年歌壇賞に応募した短歌連作30首をまとめました。ツイッターアカウント @s_hana111

s_hana111

この本を開く

インスタントヒーロー

39番目 いい格好したい時もある

rocksan

試し読みを開く

ありあわせのアリア

うまくいかないこともあるけど,それでもいいから生きていこうね.はかないこころの動きを切り取る第一作品集.

なかむらしろまる

試し読みを開く

恋歌綴り

心からの言葉「ココトバ」を紡ぎだす魂の短歌アーティスト&ココロニスト・関 節夫がお届けする恋歌です。短歌と写真のコラボで、詩、エッセイで人間の本質である恋愛を詠んでいます。

関 節 夫

この本を開く

十五歳のポエム (沙菜子著)

今年、五十路を迎えるおばさんが、中学生や高校生の時代に書きためた詩集。

36sanako

この本を開く

想い出に散る櫻

はらり はらり と舞いおちる櫻。淡くとけてゆきそうな花びらを ひとつ ひとつ 彼方に・・。

沫雪

試し読みを開く

蟲の詩

後ろを向いて 悔やめるのはね その時より少しだけ 前に進んだからだよ

たろ

この本を開く

何時か少年だった君へ

先日iPhoneアプリのサポートページとして久方ぶりにHPを制作した所、二十歳前後の頃、自分自身が詩や小説、写真をコンテンツにホームページを制作するのが趣味であった事を思い出しました。そこで、当時公開していたHpの詩のコンテンツをiPadのスクリーンショットで撮影し、詩集と言う形で本にする事にしまし...

ゆうすけ
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10