twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - タグ:黄昏

試し読みを開く

~作家に懐いた記憶喪失~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

黄色いおフネ

「おフネがいるよ、黄色いおフネ。けむりを出して、浮かんでいるよ」 エイタは海を見つめたまま、右手を上に伸ばし、大きく横に振る。いつまでもいつまでも。 私には見えないその船に。

蒼葉ことり

試し読みを開く

月下美人~下巻

純白の愛――運命の花になぞられた家族の絆。その行方は?不慮の事故で最愛の娘を失った木島康司。事故の禍根を巡って崩壊していく家族の絆。ひたすらに現実から目を背け、虚構の殻に閉じこもった男。そして、悲劇は繰り返される。驚愕の真実が明かされるとき、喪心の男は・・・。

茜一矢

試し読みを開く

月下美人

運命の花になぞられた珠玉の愛――家族の絆を問う、至極の感動作。木島康司は絶頂であった。最良の妻と最愛の娘、仕事では数々の殊勲を積み重ね、彼の人生には今まさに輝かしい赤絨毯が敷かれようとしていた。そんな矢先、軽はずみな盲動が悲劇を招く。大切なものを無くした男は……。

茜一矢

この本を開く

逢う魔が時に[SFP0331]

5月28日公開。短い幻想的な詩。お題「ひがしずんだら」を受けて自由連想的につらつら書いたもの。珍しくことば遊びも定型ルールもない、素直なことばの連なりです。Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。...

hirotakashina
« 前のページ 1 次のページ »