twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - カテゴリ:小説・ノンフィクション - エッセイ・インタビュー - 無料本

この本を開く

らくだ図書館(92)

常木らくだの小説投稿ブログ、2019年11月1日~30日掲載分です。

常木らくだ

この本を開く

「《格言》バラには棘があると文句を言うことも出来るし……」を廻って

実践ビジネス英語で耳にした断章"You can complain because roses have thorns"を廻って

野島明

この本を開く

「トーソーヘンカク」

言葉を定かには聞き取れないという体験は稀なものではない

野島明

この本を開く

あの世

《聖なる戦いに倒れた私》を待つはずのあの世の様を想う

野島明

この本を開く

沢尻エリカの芸能活動復帰CMを手がけた たかの友梨ビューティークリニック とトヨタ

沢尻エリカ(23)バッシング報道がピタリとやんだ

野島明

この本を開く

小説の未来(22)

人間小説家とAI小説家について述べます。

サーファーヒカル

この本を開く

avjoyuu あいださくら

 あいださくらのサイン会に出た体験談です。

鳥越敦司 atushi torigoe

この本を開く

らくだ図書館(91)

常木らくだの小説投稿ブログ、2019年10月1日~31日掲載分です。

常木らくだ

この本を開く

険悪な日中(政府)関係――とりあえずみんな一安心

台湾全土に桜一万本を植樹しようという計画の一環として台北の蒋介石記念公園に四百五十本の桜樹が植えられた。 他方、中国の武漢大学に植えられている六十本ほどの桜樹をめぐって、インターネット上では甲論乙駁の議論が沸騰しており、擁護派と排除派で意見が割れているそうである。

野島明

この本を開く

「"A Dead-end Job"の現場」のその後

「"a dead-end job"の現場」を書くきっかけとなった"asahi.com"の一連の記事はどうやら極めて価値ある「特種」であったと言ってよさそうである。

野島明

この本を開く

"A Dead-end Job"の現場

今生きるためにある限りを食い尽くす。ヒトのことを言っているのではない。エゾシカのことを言っているのだ。

野島明

この本を開く

Dead-end Background

“a dead-end job”には「夢も希望もない仕事」という無難な日本語を充てたが、“dead-end”という語がまず私に連想させたのは「どん詰まりの」という日本語であった。

野島明

この本を開く

かつて「3200億円」を考えたことがある

「3200億円」は如何な貢献の対価なのか。 その莫大な利益は社会に如何な便益を提供したことの、社会に如何な貢献をしたことの対価であるのか。

野島明

この本を開く

らくだ図書館(90)

常木らくだの小説投稿ブログ、2019年9月1日~30日掲載分です。

常木らくだ

この本を開く

「獰猛」はヒトにこそ

このヒト、獰猛極まる「動物食派」であろうな、思わせてくれる御仁がいた。

野島明

この本を開く

あらかじめ、ごめんなさい

イスラムのどこにどう触れれば涜神になるのかなんて全く分からないほどイスラムのことなんか何も知らないから、……

野島明

この本を開く

「ウルフガイ」シリーズの大ファンであった私だ

「ウルフガイ」については敢えて触れない。知る人ぞ知るで十分。

野島明

この本を開く

魚類を気遣う

私が魚類に向けてきた眼差しと、サイやチーターといった稀少動物に向けてきた眼差しとは、著しい対照をなしていたことを私は認める。

野島明

この本を開く

エロ坊主が大手を振って犯罪的エロごとに励むカトリック教会

神父が子供に性的虐待をしていたなんて話しを耳にしても今さら驚くわけのものではない

野島明

この本を開く

引用不可? 引用不可能?

聖書からの引用(反吐が出るほど陳腐)とポール・ハーヴィー[Paul Harvey] (注1)の"News and Comment"からの引用

野島明
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10