twitterとfacebookアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています

この本を開く

たま写真集

「たま語録」のたまの産まれて間もないころから、現在までの写真をまとめてみました。家庭用写真ですのでピントが甘いものもありますが、ご容赦ください。

ヒノモト テルヲ

試し読みを開く

思記~「カートゥーン」より~

概要については本編を読んでご確認下さい。

天川裕司

この本を開く

ピノコパパのエッセイ集から 下部構造が上部構造を規定する 2

下部構造が上部構造を規定する 1 の続編、というより 三万字を超えると容量が一杯で分冊化せざるをいなくなりました。そういう意味での続編です。

pinokopapa

この本を開く

怪しく膨らむ

怪しくそして膨らむ怪奇な死に方をした社長は‥‥‥

9216

試し読みを開く

わたしが、すぐそばで見てきた“1000件くらい”の婚活の中【13】

自分がもっとも年上の合コンに参加して、なにが楽しいの? 気をつかわれて、敬語を使われて、なにが楽しい? そんなのただの拷問じゃん。「負け戦」が目に見えてる婚活パーティや合コンに参加するのは、時間と費用とエネルギーの無駄・無茶・ダメ・NG。わたしは絶対にオススメできない。

春乃れぃ

試し読みを開く

二川桂輔の婚活整体教室が口コミで評判になるかもしれない呪文

内容は、1行程度の呪文だけです。

kenkyukai

この本を開く

風狂(2017年8月号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において、講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)...

高村昌憲

試し読みを開く

プラトンの「三つの比喩」(洞窟の比喩)

 さて、今回の「洞窟の比喩」(「善のイデア」の観取)というのは、プラトンの「三つの比喩」(それは「太陽の比喩」と「線分の比喩」それに「洞窟の比喩」)という、この「三つの比喩」の、まさに「最後の項目」であり、例えば、プラトンの「教育プログラム」では、まず、「……算数、平面幾何学、立体幾何学、天文学(天...

如月翔悟(paidon)

この本を開く

NAZCA ACT35

少年ナスカと仲間たちが繰り広げる冒険物語。その35。新エピソードで続編を展開してきましたが、ひとまず完結です。

SATOTOMO

試し読みを開く

わたしが、すぐそばで見てきた“1000件くらい”の婚活の中【12】

アナタに合った婚活パーティや合コンを選んで参加していますか?●とりあえず参加しなければ、出会いのきっかけさえつかめない。●参加さえすれば、もしかすると運命の出会いがあるかもしれない。●もうこんな歳だから、わずかなチャンスも無駄にできない。●年収の高い男性や安定企業に勤める男性が来るなら、私も参加しな...

春乃れぃ

試し読みを開く

二川桂輔の1億円の金運弁当のレシピがバカ売れするかもしれない呪文

内容は、1行程度の呪文だけです。

kenkyukai

この本を開く

道南サイクリング(2)

道南をサイクリングしたときの旅日記

一床ひろし

この本を開く

【必読】会を成功させるために!相手に伝わりやすい話し方とはがどんなものか知ってほしい

【必読】会を成功させるために!相手に伝わりやすい話し方とはがどんなものか知ってほしい

bbs003

この本を開く

ピノコパパのエッセイ集より 下部構造が上部構造を規定する 1

フランス、エマニエルトッド氏に啓発され、欲望の資本主義の先を、田舎の片隅から迷いながら考えてみました。なんら建設的なものにはなりませんでしたが、ご批判を仰ぎたいと上梓します。

pinokopapa

試し読みを開く

白川龍風作品集 法話の花籠7

大和山教団機関誌『無尽灯』連載の作品を収録した。

白川龍一郎

この本を開く

【2017-08-18】脳梗塞のユージ

主人公の水嶋雄司は45歳で脳梗塞を発症するも恢復を信じて身体と心のリハビリを続け、 不自由な体で日々の雑事と向き合っていきます。そのどうということのない日常を切り取っていきます。このお話を読んで少しでも障がい者への理解が深まり、向き合い方が変わればうれしいです。近い将来、健常者と障がい者の垣根が取り...

田島 晴

この本を開く

トッズ コピースニーカー

レースとリボンをあしらったスニーカー

ls12345

この本を開く

結局最後は同僚とスケジュールを共有しよう!名刺交換の多い人にぴったりの名刺入れの選び方を完全チェック!!

結局最後は同僚とスケジュールを共有しよう!名刺交換の多い人にぴったりの名刺入れの選び方を完全チェック!!

bbr003

この本を開く

Makoto No.152

京都・西本願寺を中心とする青年による浄土真宗・仏教発信紙『makoto(まこと)』152号!今号のテーマは「ぬくもり」。「体温」「日差し」「優しさ」日常生活の中の「ぬくもり」について考えてみました。あなたにとっての「ぬくもり」ってどんなことですか?

bussei

この本を開く

神様のおかげ

人は、人だけの力で生きてきたと、時には錯覚をしてしまいます。何でもかんでも、人の助けを借りずに、物事を成し遂げてきた人こそそのように思うものです。でも、思うのです。何かのきっかけ。何かの縁、出会い、巡り合わせ、などを精査していくと、そこに、人智では不可能な、何か特別の、何か偉大なものの、何かが存在し...

nkgwhiro
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10